« 自由を持て余す 山形vsFC東京 8月19日(水) | トップページ | ファンタジーサッカー 第24節 »

2009年8月25日 (火)

日替わり代役? 鹿島vsFC東京 8月23日(日)

吉本のFC岐阜へのレンタル。 出場機会の確保は重要。 J2に吉本ありというのを示して帰ってきて欲しいな。

そして、浄の磐田への完全移籍には驚いた。 こちらも出場機会の確保だろう。 JFKサッカーへの適合度の高さという意味では、貴重な戦力だったのだが。 F・マリノス戦、山形戦の動きの悪さは、いろいろ思い悩んでいたからだろうか。 怪我も多かったけど、左SBとして、浄がいるといないとでは安定感が段違いの時期があったな。 これまで、ありがとう。 次の17番も国士舘卒なのだろうか?

で、試合。 本調子じゃない鹿島にあしらわれてしまった感じ。 と同時に、もっと出来たはずなのにやれなかった歯がゆさもある。 無論、鹿島がうちのよさを出させなかった面もあるけど、自滅の面もあると思う。 日曜の鹿島は、きちんと力を出し切れば、決して手も足も出ない相手ではなかったというか、せめてもう少し面白い試合になったのに。

試合はいきなり右サイドでスルスルと侵入を許し、内側の対応が整わないうちにセンタリング。 東京のディフェンスはもちろん、ダニーロもギリギリ合わせたという感じだったけど、ポストに当たってゴール。 北斗と徳永の連携の悪さが目に付いた。

他方、平山のミドルはポストに嫌われ、ノーゴール。 逆だったら面白かったんだけど、そうは問屋は卸さず。 試合の流れから言って、妥当なところだろう。

そして、2失点目は、興梠に今野が引っ張られたところにマルキーニョスが猛然と走りこみ、ブルーノに競り勝ってループシュート。 前半終了間際の興梠(しかも痛んでいた)にしても、追いつけなさそうなところにも、ちゃんと走りこんでいるのが凄いな。

これ以外にも、パスを出したらフリーの場所を見つけて、逆サイドにスペースがあればきちんと走りこみ、そこにタイミングよく(正確な)ボールが出る。 まずボールを収め、自分で打開できれば打開し、しなければ味方を使う。 フィティ・フィフティのボールでは、ボールに突進するだけでなく、セカンドボールを拾うことを意識して動く。 特別なことじゃないけど、やるべきこと、基本的なことがきちんと出来ている。

他方、東京はそういった面の質が劣っていた。 例えば、梶山は侵入できるスペースがあっても意図の分からない横パスばかり。 たまに持ち上がっても、シュートの判断が遅い。

日替わり2列目は、草民、達也と来て北斗。 北斗は、判断の速さ、テンポが小気味いいけど、それを見せられた場面は少なかった。 また、特に序盤の守備の対応が危うく、先制点を奪われてしまった。 次の2列目は途中交代で結果を出した大竹だろうか? アシストの場面では、左で持ち直すと思ったら、右に持ち替えて、それがフェイントとタメになって、バシッと出てよかったな。

今のシステムに既存の選手を当てはめ、チームとしての層を厚くしていこうという意図は良いと思うけど、結果が出ないうちにあっという間に調子も落ちてしまった。 今、ナオが戻っても、果たしてどうだか。

けど、例えば大竹であれば、サイドで広大なスペースを扱わせても良さは出ないだろうから、平山のワントップ、カボレと達也を両ウィングハーフにして、大竹にはトップ下のゴールに近いところで勝負させた方がいいのではないかな、と思う。

そういう風に、選手を戦い方に合わせるだけでなく、選手に応じて戦い方を微調整することも必要だし、戦い方の幅を広げることに繋がるのではないかな、と思う。

8月中に勝ち無しを終わらせ、実りの秋を迎えよう!

|

« 自由を持て余す 山形vsFC東京 8月19日(水) | トップページ | ファンタジーサッカー 第24節 »

FC東京2009」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/46014182

この記事へのトラックバック一覧です: 日替わり代役? 鹿島vsFC東京 8月23日(日):

« 自由を持て余す 山形vsFC東京 8月19日(水) | トップページ | ファンタジーサッカー 第24節 »