« 変わった。結果を除いて。 FC東京vs浦和 11月8日(日) | トップページ | 丸亀に思い、届け! »

2009年11月13日 (金)

天皇杯3回戦 FC東京vs草津 11月11日(サッカーの日)(TV観戦)追記

まずは、現地に行かれた方々、お疲れ様でした。 中には早朝便で帰京し、そのまま出社された方もいたとか。。。 頭が下がります。 勝ててよかった!

そう。 JFKも言っていたとおり、そして、先週味わったとおり、負ければ次がないカップ戦では結果がすべて。 それを過酷な状況下で掴み取ったのだから、言うことはない。

TV観戦は都内某所で。 (意外と顔見知りの方にも会い、楽しかった。) 祐介のCKの時に会場いっぱいに広がった 「エー!?」 という声。 続いて、GKの飛び出しにくい絶妙の位置にボールが飛び、中で佐原がドンピシャで合わせて先制!

それまで、草津のプレスの前に、ややギクシャク感があっただけに、この先制は嬉しかった。

また、エコラシコ後のサテライト多摩川クラシコでの達也のFKにしろ、今回の祐介のCKや大興奮の北斗の凱旋FKにしろ、意外な人が意外な武器を持っているのを見るのは面白い。

草津も島田はいなくなったとは言え、中盤にはベテランが揃う(追記:→こちら)。 池上も割って入れなかった。

それに対し、東京の中盤は達也に変わって草民が先発。 誰もが指摘していると思うけど、持ちすぎでパスが弱すぎ。 引き付けてから出したいという意図は分かるが、距離感あるいは実用的なテクニックが追いついていない。 また、パスが弱くて、せっかく出しても受け手が相手に詰められてしまう。 もっと早めに味方を活かして、リズムを作りながることを考えないと。 そういう流れを作っていくことで、もっと余裕がある状態で自分の色を出せると思うのだが。 (追記:そういう面で、抜群の寄せの速さを見せる今野やフジ、寄せて食いついた相手を放さないヨネと練習できる環境は(試合と練習は別物とは言え)、恵まれた環境だと思うのだが。)

サリは場面場面で効いたプレーを見せる。 ただ、局面自体を支配する梶山の不在は感じる。 ヨネも18才とは思えない存在感でボールを奪取していたけど、そこからの大きな展開という点では、梶山には大きく及ばない。 羽生はいつもよりゴールを狙う意識が強かたと思う。 体格の小ささを感じる場面が多かったけど、90分間バランスを保って、キャプテンの役割を果たした。

最終ラインはスピードが足りず、斜めに抜け出されることが多いのが気になった。 ただ、ボール回しは意外と頑張っていた。

一緒に見た中に、広島サポの方がいて、J2とJ1の違いはスピードや運動量よりも正確性とのこと。 その際たるものが東京の3点目で、梶山のサイドチェンジが良かったとは言え、あんなに左サイドが空いているのはちょっとあり得ないし、逆に言えば、あれだけ空いていても、J2ではやられることは少ないのかもしれない。 けど、そこから羽生のピンポイントクロスで、平山も凱旋ゴール。

最後は平山キープショーも見られて満足。

冒頭に書いたとおり、結果がすべて。 次の仙台は草津よりさらにぐっと手強いと思うけど、なんとか跳ね返そう。 丸亀へ行かれる方々、気をつけて、頑張って!

|

« 変わった。結果を除いて。 FC東京vs浦和 11月8日(日) | トップページ | 丸亀に思い、届け! »

FC東京2009」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/46746208

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯3回戦 FC東京vs草津 11月11日(サッカーの日)(TV観戦)追記:

« 変わった。結果を除いて。 FC東京vs浦和 11月8日(日) | トップページ | 丸亀に思い、届け! »