« 上位戦線乱入へ 清水vsFC東京 10月25日(日) (TV観戦) | トップページ | 変わった。結果を除いて。 FC東京vs浦和 11月8日(日) »

2009年11月 5日 (木)

必然の勝利 ナビスコ杯決勝 FC東京vs川崎 11月3日(祝)

城福東京が、積み上げつつある強さを発揮しつつ、弱点も埋めて勝ち取った勝利。

最終ラインでも堂々とボールを繋ぐ。 パスコースに顔を出し、ホルダーもそれを感じる。 出しどころが無ければ無理に攻め急がない。 スペースがあればドリブルで運ぶ。 攻められてもブロックを崩さず、人を見失わない。 課題のセットプレーでも集中力を切らさない。

その兆候は、今年の多摩川クラシコ2戦の時点で既に見えていた。 結果こそ川崎の2勝だけど、試合時間合計180分のうち、120分を支配していたのは東京だった。 しかし、後半途中までペースを掴んでいた東京が自らバランスを崩し、あるいは川崎の圧力に抗しきれず、試合を落とした。 

無論、試合開始直後の時間帯と終盤を同列に扱うことはできないし、勝敗は90分終わった時点の結果だから、途中までどんなに試合を支配しても、何の結果を保証するものではないことは承知している。

ただ、危ない時間帯とプレーヤーのケアさえできれば、東京は勝ちうると言えると思う。 そして、東京サポ以外にはほとんど認知されていないかもしれないけど、最近の東京は試合の終わらせ方が格段に上達している。 また、最近の東京は、前線からプレッシャーをかけず、ある程度相手に自由を許したとしても、なりふり構わず守りきれる術を身に付けている。 だから、東京が試合をものにしても不思議ではなかったのだ。

個人的には、ボール支配率で川崎を下回ったのが意外なくらいなのだが、それは、是が非でもタイトルを手にしたい川崎が、攻めの意識を高め、ボールを早めに前線に入れて、個の力を頼りに打開を図ろうとした結果だろう。 確かにレナチーニョの反転シュートや、抜け出した谷口からジュニーニョへの折り返しなど、多くのチャンスを生んだ。 ひとつでも決まっていれば、結果は違ったかもしれない。 けど、権田のスーパーセーブと相手のシュートミスによりゴールを許さない。 ここでゴールを許さなかったことで、最近の東京の終盤の強さと相まって、試合はほぼ決していたと言って良いだろう。 そして、川崎が攻め急ぐほどに、前後が分断され、得意のカウンターも発揮できなくなっていった。 憲剛も、スペースを求めて後ろに下がることが多く、ゴール前で決定機を作る場面は少なかった。

米本の先制点。 中盤でボールをキープした米本が、目の前にスペースがあることを確認すると、自ら20mほど前に運ぶ。 そして、前方の平山にパスを出し、もう一度後ろで受ける。 一見、パスが単純に行って帰っただけのように見えるけど、このパス交換で、相手DFは平山に引っ張られて米本に詰めることができず、後ろから追いかけてきたMFも、米本がボールを離した瞬間チェイスが緩み、寄せが遅れた。 十分な間合いを確保した米本が身体をしならせ、放った矢のようなロングシュートがゴールを襲う。

決してGKの届かないコースに飛んだとは思わない。 けど、射程の長いシュートは、キッカーの足元での僅かなコースの違いが、ゴールマウスに到達する頃には大きな差になっている。 川島は一瞬ファーサイドに重心を寄せたかのように見え、すぐに逆に飛んで必死にボールに追いすがったけど、勢いが足りず、無回転の重いシュートに手を弾かれた。

後半、さらに圧力を高める川崎。 けど、東京も落ち着いて守る。 そして、相手のセットプレーから、川崎のお株を奪うかのようなカウンター。 左サイドを抜け出した達也が縦に突破し、エリア付近で一瞬中を見てタメを作り、GKの動きを封じ、もう一度僅かに縦に加速すると、ファーに猛然と走りこむ平山をめがけ、GKとDFの間にほぼ直角のクロスを出す。 川島はクロスに飛び付くことができず、平山に寄せるも、平山もその逆を突くヘディングシュート! 2-0。

ここからは時間との戦い。 そして、普段どおり守りきるサッカーをする、という自分達との戦い。

それらの戦いに勝利し、見事二度目の戴冠を果たした!

それにしても、あまりにも多くのフラグが立った。 相手は多摩川クラシコの相手にして、城福監督と佐原の古巣である(富士通→)川崎フロンターレ。 さらに、短期間のうちに浄、カボレの退団、茂庭、ナオの怪我があり、さらに、決勝に先立って発表された藤山との別れと浅利の引退・・・。 悲願の初戴冠を目指す川崎と比べても、奮い立つ要素が多すぎた。 (7-0で圧勝した次の試合にナビスコ杯決勝で負ける、というのも川崎にとってのフラグだったか。 広島に感謝?)

城福監督の言うとおり、そういう要素は、ただでさえ重圧がかかる決勝という大舞台において、さらに選手を固くしかねない面もある。 けど、それについても回答は用意されていた。 選手達を奮い立たせた浅利の涙・・・。 (それを優勝報告会で城福監督自らの口から耳にし、決壊する涙腺・・・。)

他方、気合だけではなかった。 サポを含むチームのノリ・雰囲気。 生真面目な川崎はスタンドもピッチも固かった。 タイトルを逃し続けたトラウマからか、タイトルに向けて一途過ぎたからか、普段の自分達の力を発揮できなかった。 個々の技量に任せた大味な試合運びに陥っていった。

それに対し、東京側は、川崎よりもずっと、この場を存分に味わおう、楽しみ尽くそうという意欲に溢れていたと思う。 徹夜組の数、○○鍋、前座のゲームに対するエール、風船、トイレットペーパー、樽酒・・・。

東京には、特に東京サポには、この試合に限らず、サッカーであれ、ほかのことであれ、中身や方向性はバラバラだけど、楽しむ意識に溢れている。 楽しむことへの貪欲さこそ、東京サポの特徴という気さえする。

そんな東京が、決意とリラックスの間で絶妙の良い雰囲気を作り、普段どおりのサッカーをやった。

5年前は無我夢中のうちに手にした勝利という感じだったけど、昨日は地に足の付いた東京が実力で掴んだ勝利だと思う。 優勝した瞬間の喜びの爆発力は前回の方が大きかったかもしれない。 ただ、今回は翌日になっても、喜びがじわじわこみ上げてくる。

雨の日立台で落とした初戦を含め11試合。 ナビスコ杯は勢いで勝てるタイトルかもしれない。 実際、5年前の東京を含め、千葉、大分と、その後停滞するチームもある。

ただ、東京は東京で酸いも甘いも経験してきた。 そういう時間の経過の象徴がフジとサリだと思う。 時間は否応無く流れていく。 この結果を力に。 強豪にまた近づく確かな一歩にしたい。 次のリーグ戦はその試金石だ。 相手は川崎と同じくらい、もしかしたらそれ以上に負けたくない相手。 浦和。

|

« 上位戦線乱入へ 清水vsFC東京 10月25日(日) (TV観戦) | トップページ | 変わった。結果を除いて。 FC東京vs浦和 11月8日(日) »

FC東京2009」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

ゴール裏から見た達也&平山のカウンターが美しすぎました。ヨネのゴールが決まってからはずっと東京のペースでしたね。中盤とDFの守備はすばらしかった。

優勝報告会での羽生の心遣いに感動しました。俺は最後はサリかフジにふるのかなぁと思っていたのですが、ナオ!ナオ自身にとってもケガ以来サポーターに直接話すことができてとてもうれしいだろうし、東京にとってもここで終わらないぞ、リーグと天皇杯も獲るぞっていう決意にもなるし、さすが俺たちのキャプテンですね。

2004年はタイトルだけに満足して残りシーズンぐだぐだに終わってしまったけど、今年は最後までやってくれそうな気がします。元旦もサリとフジの涙&笑顔が見たい!

投稿: TSK | 2009年11月 5日 (木) 12:34

最初から勝てると思って臨んだ試合でした
相手がフリーの状態からシュート2本を外しさえすれば(そしてその間に、東京のゴールがあれば)、悠々勝てると思っていました
そんなの、サッカーでは普通にあることですし
こちらが先制してからの川崎は、明らかに力んでいましたね

え、手短に?(城福監督風)
うれしい時は長いコメントするなということで、この辺で切り上げます
さて、リーグだリーグ

投稿: スネーク | 2009年11月 5日 (木) 20:29

TSK様
5年越しの念願、叶いましたね!
あのカウンターはドンピシャでしたね!

羽生も振りさすがですね。そのままでも成り立ったと思いますが、状況判断に優れた選手ですね。

本当に嬉しかった。お互い、おめでとう!
そして、元日までこのまま行きましょう!

スネーク様
何故か、最初からいける気がしたんですよね。エントリでは、180分中、120分がどーとか、楽しむ気持ちがあーとか、分かったような分からないようなことを書いてしまいましたが、本当のところは何なんでしょうね?

何はともあれ、タイトルを奪い、あと二つ可能性を残している。
頑張っていきましょう!

投稿: fct fan | 2009年11月 7日 (土) 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/46673980

この記事へのトラックバック一覧です: 必然の勝利 ナビスコ杯決勝 FC東京vs川崎 11月3日(祝):

« 上位戦線乱入へ 清水vsFC東京 10月25日(日) (TV観戦) | トップページ | 変わった。結果を除いて。 FC東京vs浦和 11月8日(日) »