« 丸亀に思い、届け! | トップページ | A Decade is Passing... FC東京vs神戸 11月28日(土) と 明日は最終戦! »

2009年11月28日 (土)

ご無沙汰しています! 千葉vsFC東京 11月22日(日) (TV観戦)

ご無沙汰しています。 私事でブログを書く時間を取れず、しばらくアップできていませんでした。 その間も見に来ていただいた方々がいらして、とてもありがたかったです。 今後も続けていく励みになります。 もうしばらくアップが途絶えがちになると思いますが、引き続きよろしくお願いいたします。

さて、千葉戦はTV観戦でした。 ごくごく簡単に感想を。

まず鍵となったのが梶山が不在への対応。 城福監督は、千葉戦では羽生を一列下げ、前に北斗を置いた。 そこから想定されるのは、速い展開になるだろうということ。

羽生はチームの流れを澱みなく継続する、場合によっては加速させるプレーヤーで、反面、タメを作ったりいなしたりするタイプではない。 北斗も、アウェイ横浜戦やホーム磐田戦のように、ダイレクトまたはワンタッチ程度でテンポよく繋ぐ時は良いものの、スリータッチ以上すると正確性の難が現れてしまう。

まぁ、切れるカードが少ないのは本当に苦しい。 現有戦力で最大限を引き出そうとしているけれど、対応しきれない部分が顔を出してしまう。

城福さんしては、今の東京にとって、最終ライン、もっと言えば真ん中のCB二人を維持することの方が、梶山不在への対応として今野(またはブルーノ)を一列上げるよりも、大事と考えていたのだろう。

確かに、最終ラインでタラタラ回しながら相手のプレスをいなしてリズムを奪い取ることが出来ればよかった。 しかし、実際の試合では、千葉のフィジカルで落ち着きのない展開に真面目に付き合ってしまい、力で押し出されてしまった印象。 失点の場面はいずれも、スローインに淡白に対応するうちに後手に回り、きれいに決められてしまった。

また、千葉自体が去年の最終戦のイメージと自信を持っていて、普段よりも迷いがなく、チャレンジして、テキパキとプレーを選択できていた印象。 江尻監督は、もっと早くこのプレーが出来ていれば落ちなかったというけれど、相手が東京で、かつ東京もそれにまともに付き合ってしまったからこそ出来た面が大きい。 メンタルのカンフル剤には賞味期限があるし、そうそういつも上手くいくはずもない。 (新居なんざ、今年やっとリーグ戦2点目ですよ・・・。 ) 降格という大きな流れは変えようがなかったとは思う。

というか、国立でのホーム戦に続いて負け狸の遠吠えだが、千葉は去年J2落としておくべきだった・・・。 早野・柏に続いて、降格クラブに勝ち点6を献上してしまった。

平山の退場だけど、相手のファウルに対してひじが動いたのだから、赤を出されても仕方ない。 もちろん、中後という役者の印象は激烈に悪くなったのだが。 去年ナオに体当たりを食らわした新潟・内田のように。

で、城福さんも頑固なようでいて、やり方に固執するだけでなく、何がしかの手は打つ人なので、今日の神戸戦を迎えるにあたって、何かを変えてくるだろう。 平松先発ということは、今野かブルーノのどちらかを前に上げるのか?

その辺も楽しみにしつつ、今日は結果が大事! フジ、浅利のためにはもちろん、東京自体の今後のためにも!

|

« 丸亀に思い、届け! | トップページ | A Decade is Passing... FC東京vs神戸 11月28日(土) と 明日は最終戦! »

FC東京2009」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/46878200

この記事へのトラックバック一覧です: ご無沙汰しています! 千葉vsFC東京 11月22日(日) (TV観戦):

« 丸亀に思い、届け! | トップページ | A Decade is Passing... FC東京vs神戸 11月28日(土) と 明日は最終戦! »