« FC東京U-18大一番! | トップページ | あけましておめでとうございます 天皇杯決勝 ガンバ大阪vs名古屋 1月1日(元日) »

2009年12月30日 (水)

おめでとう! FC東京U-18 Jユースサンスタートニックカップ優勝

FC東京U-18、優勝おめでとう。

Rimg3222

強い気持ちで挑み、ハードワークをこなし、ひとつになって勝ち取った勝利。

Rimg3212

この年代で、自他共に認める最高峰のチーム(だったと思う。少なくとも周りは。)。 けど、ここまでタイトルを取れなかった。 そんな今年のFC東京U-18にとって、最後の大会に優勝し、フィナーレを飾れたことは本当に相応しいことだと思う。

そして決勝戦は両チームの奮闘があって、最後を飾るに相応しい素晴らしい試合内容だった。 広島もリスペクトせざるを得ない戦いぶりだった。

Rimg3219

毎度ながら東京の個人のキープ力、バイタル手前での短いパスワーク、スペースを突く大きな展開は、どれも正確かつ効果的で、見ていて「もっとこうすればいいのに!」と思うことがなく、本当にスカッとする。

Rimg3220

狭い局面でのやや強めパスも受け手がキチンとトラップして次に繋がるし、楔からサイド裏のスペースへ折り返すスルーパスも、味方の選手がギリギリ追いつける深い位置に出して即チャンスに繋がるし、かと思えば、リスクを承知で強引にチャレンジすることもあるし、サッカーの様々な要素が詰まっていて、楽 しさが凝縮されている。

守備でも、キーワードとなった前線からのプレスに加え、上がった裏を取られた時のスペースを埋める動きと、相手選手をケアする動き。 どれも効果的。

東京の中盤の寄せ・プレッシャーは、相手のボールを奪って自分でポゼッションするというより、相手のボールを弾き出すような感じ。 それは、フリーになったセカンドボールを運動量豊富な味方が拾ってくれるという確信から来ているものだろう。 同様のことは攻撃でもあって、フィードやロングパスを、たとえ収められなくてもとにかくディフレクトしようとしていた。 少しでも触れば、味方が拾う可能性が高まる。 緻密なプレーだけでなく、こういう細かな部分も含めて、東京は徹底されていた。

Rimg3228

後半、重松くんが左前線でボールをキープした時、相手に行く手を阻まれ、さらに複数の広島の選手が寄ってきた。 フリーの味方に戻すのかなと思ったら、その選択肢を保持しつつも、あくまでキープを選択。 状況によっては、特に昨今の流行に鑑みると「?」マークが付きかねないプレーだけど、そんなプレーもさもありなんと思わせる重松くんの存在感。

ユースを見ない人から「重松くんってどんな選手?」と聞かれると、「aoaka-noteさんとか、ユースに詳しい方々のブログを見て」と言うのと合わせて、一言だけ「最近の東京ではいないタイプの選手」と答えている。 それはプレースタイルがというよりも、いわゆる「10番」が似合うFWという意味で。 良い意味で唯我独尊、王様。

ユースでは、相手DFを抑えつつボールを楔を受け、ポストから素晴らしいパスを連発していたけど、トップのDFの強さ、高さ、えげつなさに対し、どこまでやれるか。 怪我もあるけど、自分の色を発揮して欲しい。

Rimg3229

梅内くんなども、春に見た時はヤンチャな感じで活きが良いの半面、狭いところでの正確性に苦労していた印象。 山崎くんも、相手が2人まではかわせても、3人来られると辛い感じだった。 それが、久々に見ると凄く成長していた。 新鮮な驚きの三田くんに加え、最もチームの流れを作り出していた年森くん(個人的には、強くした羽生のような良い意味で「空気」のような感じ)。

Rimg3235

Oganさんの記事を読んで気付いたのだが、今年の3年生は、ヴェルディグラウンドで深川vsむさしを戦った中3の代なんですね。 それがひとつのチームとなり、ガンバにリベンジを果たし先輩や倉又さんのリベンジも果たした。

Rimg3234

ユースにしろ、高校サッカーにしろ、毎年選手が入れ替わる宿命があって、どこか寂しさと感傷のあるドラマだけど、同時にひとつひとつの小さな物語が積み重なって、根底に流れる伝統みたいなものが生まれ、東京にもそれがあるんだと思う。

U-18に関しては倉又さんの手腕が色濃く反映されているけど、それだけでなく、深川やむさしの試合を見た時にも同じ香りを感じることがあるし、何よりトップとの繋がり、連続性を感じる瞬間がある(ポゼッションかショートカウンターとか、戦術的な意味ではなく)。

Rimg3239

そういう一つ一つの物を現場で、またはテレビを見て、またはいろんなブログやつぶやきを通して、そして人から話を伺って感じるとき、とてつもない喜びがある。

Rimg3241

|

« FC東京U-18大一番! | トップページ | あけましておめでとうございます 天皇杯決勝 ガンバ大阪vs名古屋 1月1日(元日) »

FC東京2009」カテゴリの記事

FC東京ユース」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/47152276

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう! FC東京U-18 Jユースサンスタートニックカップ優勝:

« FC東京U-18大一番! | トップページ | あけましておめでとうございます 天皇杯決勝 ガンバ大阪vs名古屋 1月1日(元日) »