« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の5件の記事

2009年12月30日 (水)

おめでとう! FC東京U-18 Jユースサンスタートニックカップ優勝

FC東京U-18、優勝おめでとう。

Rimg3222

強い気持ちで挑み、ハードワークをこなし、ひとつになって勝ち取った勝利。

Rimg3212

この年代で、自他共に認める最高峰のチーム(だったと思う。少なくとも周りは。)。 けど、ここまでタイトルを取れなかった。 そんな今年のFC東京U-18にとって、最後の大会に優勝し、フィナーレを飾れたことは本当に相応しいことだと思う。

そして決勝戦は両チームの奮闘があって、最後を飾るに相応しい素晴らしい試合内容だった。 広島もリスペクトせざるを得ない戦いぶりだった。

Rimg3219

毎度ながら東京の個人のキープ力、バイタル手前での短いパスワーク、スペースを突く大きな展開は、どれも正確かつ効果的で、見ていて「もっとこうすればいいのに!」と思うことがなく、本当にスカッとする。

Rimg3220

狭い局面でのやや強めパスも受け手がキチンとトラップして次に繋がるし、楔からサイド裏のスペースへ折り返すスルーパスも、味方の選手がギリギリ追いつける深い位置に出して即チャンスに繋がるし、かと思えば、リスクを承知で強引にチャレンジすることもあるし、サッカーの様々な要素が詰まっていて、楽 しさが凝縮されている。

守備でも、キーワードとなった前線からのプレスに加え、上がった裏を取られた時のスペースを埋める動きと、相手選手をケアする動き。 どれも効果的。

東京の中盤の寄せ・プレッシャーは、相手のボールを奪って自分でポゼッションするというより、相手のボールを弾き出すような感じ。 それは、フリーになったセカンドボールを運動量豊富な味方が拾ってくれるという確信から来ているものだろう。 同様のことは攻撃でもあって、フィードやロングパスを、たとえ収められなくてもとにかくディフレクトしようとしていた。 少しでも触れば、味方が拾う可能性が高まる。 緻密なプレーだけでなく、こういう細かな部分も含めて、東京は徹底されていた。

Rimg3228

後半、重松くんが左前線でボールをキープした時、相手に行く手を阻まれ、さらに複数の広島の選手が寄ってきた。 フリーの味方に戻すのかなと思ったら、その選択肢を保持しつつも、あくまでキープを選択。 状況によっては、特に昨今の流行に鑑みると「?」マークが付きかねないプレーだけど、そんなプレーもさもありなんと思わせる重松くんの存在感。

ユースを見ない人から「重松くんってどんな選手?」と聞かれると、「aoaka-noteさんとか、ユースに詳しい方々のブログを見て」と言うのと合わせて、一言だけ「最近の東京ではいないタイプの選手」と答えている。 それはプレースタイルがというよりも、いわゆる「10番」が似合うFWという意味で。 良い意味で唯我独尊、王様。

ユースでは、相手DFを抑えつつボールを楔を受け、ポストから素晴らしいパスを連発していたけど、トップのDFの強さ、高さ、えげつなさに対し、どこまでやれるか。 怪我もあるけど、自分の色を発揮して欲しい。

Rimg3229

梅内くんなども、春に見た時はヤンチャな感じで活きが良いの半面、狭いところでの正確性に苦労していた印象。 山崎くんも、相手が2人まではかわせても、3人来られると辛い感じだった。 それが、久々に見ると凄く成長していた。 新鮮な驚きの三田くんに加え、最もチームの流れを作り出していた年森くん(個人的には、強くした羽生のような良い意味で「空気」のような感じ)。

Rimg3235

Oganさんの記事を読んで気付いたのだが、今年の3年生は、ヴェルディグラウンドで深川vsむさしを戦った中3の代なんですね。 それがひとつのチームとなり、ガンバにリベンジを果たし先輩や倉又さんのリベンジも果たした。

Rimg3234

ユースにしろ、高校サッカーにしろ、毎年選手が入れ替わる宿命があって、どこか寂しさと感傷のあるドラマだけど、同時にひとつひとつの小さな物語が積み重なって、根底に流れる伝統みたいなものが生まれ、東京にもそれがあるんだと思う。

U-18に関しては倉又さんの手腕が色濃く反映されているけど、それだけでなく、深川やむさしの試合を見た時にも同じ香りを感じることがあるし、何よりトップとの繋がり、連続性を感じる瞬間がある(ポゼッションかショートカウンターとか、戦術的な意味ではなく)。

Rimg3239

そういう一つ一つの物を現場で、またはテレビを見て、またはいろんなブログやつぶやきを通して、そして人から話を伺って感じるとき、とてつもない喜びがある。

Rimg3241

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

FC東京U-18大一番!

今日のJユース杯・決勝に足を運べそうなので、取り急ぎ久々のエントリを!

今年はU-18の試合をあまり見られず、選手の特徴やチームの戦い方について詳しいことは分からないので、限られた情報の中で感じた流れのようなものについて書いてみたい。

最初に今年のチームを観たのは、プリンスリーグも折り返し点を過ぎた第7節。 その時感じたのは、大人びた試合運びが印象的で、今年はチームの完成が早いな、ということ。 当時ブログで、「まるで、去年の冬のチームがそのまま持ち上がったかのよう。」と書いている。 個々の能力が高いのはもちろん、チームとしての戦い方が、例年であれば冬のJユース杯の頃に達するレベルに早くも到達していたように感じた。 まぁ、阿部くん、廣木くんなどは去年から主力だったし、梅内くん、平出くんなども結構出場していた。 (重松くん、山口くんはこの試合怪我で欠場。) ただ、前年も、山浦くん、山村くん、岩渕くんなどは2年生の頃からたくさん試合に出てたし、経験値に大きな差があったとは考えにくい。 FWに怪我人が多いと聞いていたけど、それを割り引いてもチーム作りが順調に行っているのかな、と思った。

その次に見たのはクラ選関東大会2次予選の大宮戦。 今に続く重松くん、山口くんのツートップ。 特に印象的だったのがそのツートップの強烈なプレス。 プレスからリズムを作り、それが中盤以降の守備の安定、そして攻撃に繋がっていった。 このときも非常に成熟したチームに、そして強いチームに見えた。

プリンスリーグ関東も、最終戦ではF・マリノスにボールを持たれたものの、ゴール前での自由は許さず、結果的に完勝で連覇。 クラ選も勝ち進み、決勝でセレッソの相手の良さを消す戦い方の前に敗れたものの準優勝。 高円宮杯に向け大いに期待が膨らんだ。

ところが、高円宮杯1次ラウンドの浦和戦@NACK5で感じた違和感(ブログには書いてませんが観に行きました)。 端的に言って、前線からのプレスが消えていた。 9月の暑さの中だったので、前半はセーブしているのかなと思ったけど、後半に入ってもスイッチが入らず、逆転負け。 重松のイライラばかりが目に付いた。

その後、高体連のチーム相手に勝ち進むものの、準々決勝で磐田に敗れる。 このあたりは、ユースに詳しい方々がいろいろ書いてくださっているとおり、チームとしてのまとまりの問題、怪我など、様々な要因があったのだろう。

で、その後Jユースカップの試合は一試合も観れてないのだが、主力選手を代表に取られる中、控え組みの頑張りで勝ち抜いてきたことは、いろんな方たちが書いてくださっているとおり。 そして、代表組が戻り、穴を埋めた選手達と融合し、チームは再びいい状態にあり、三菱養和、名古屋、ガンバ相手にそれぞれ4-1、7-1、5-1と大勝で勝ち抜いてきている。

いろんなブログ、ネットメディア、エルゴラ等が共通して挙げているキーワードはプレス。 春~夏の調子の良い時期のプレスが復活し、さらにチームとしてのまとまりも上がってきているらしい。 (椋原や大竹も、インタビューでまとまりが大事と言ってたな。)

期待は大いに高まるが、決勝の相手は3年前と同じ相手で、こちらもまとまりの良さを誇る広島。 3年前は、試合を押し気味に進めながら、悔しい敗戦。 GK権田と相手が交錯するも、GKに対するファウルが認められず、アンラッキーな失点を喫してしまった。 森山監督のはしゃぎっぷりが、悔しさに輪をかけた。

3年前のこの大会以降、FC東京U-18はタイトル争いの常連になった。 期待されながら、まだ全国タイトルを取っていない今年。 最後に大きなことを成し遂げよう! 興奮してきたぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

東京よりも大切なもの

私ごとですが、去る12月13日(日)に

相手は同じで、ブログを持っている人です。 そちらのブログでも、先日、報告記事をアップしていたので、お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

挙式、披露宴、二次会、三次会と、本当に多くの方々に祝福していただき、たくさんの身に余るご厚意をいただきました。

すべての方を個々に挙げることはできませんが、立会人を務めてくださった某店マスターご夫妻、乾杯のご発声をいただいたサッカーと自転車の師匠のTさん、グアム以来家族ぐるみで仲良くさせていただき、先月のナビスコ杯決勝前の決起集会ではサプライズで盛大に祝っていただいたSさん、同じくグアム以来仲良くさせていただき、いつも素敵な写真や心遣いをいただくYちゃんさん、二次会の幹事を務めていただいた広島サポのTさん、いつも味スタで一緒に観戦していて、二次会の司会を務めていただいたHさん、転勤先のロンドンから駆けつけて下さったMさんご夫妻、いつも美味しい話題をくれるO.S.さん、自転車やフットサルなどいろんなイベントに誘ってくださるKpさん、浜松からVリーグ観戦を断念して二次会に駆けつけて下さったFさん、人生初のゲーフラを作ってくれたSちゃん、美しい青赤風船を用意してくれたOさん、トランペットで盛り上げてくれたKータン、ペーニャ某店の皆さま・・・。

大切な仲間、友人達に私たちのスタートを祝っていただき、本当に幸せでした。 この場をお借りし、皆さまに心から御礼申し上げます。 ありがとうございました!

挙式は人前式で執り行いました。 参列いただいた皆さまの前で、私たちは、お互いの一番のサポーターとなり、これからの人生のどのような局面も、手を取り合って、共に歩んでいくことを誓いました。

自分が思うに、サポーターとは、相手が好きということを超えて、相手のために主体的に行動する存在という気がします。 サッカークラブのサポーターであれば、好きなクラブの試合を受身的に楽しむだけでなく、クラブ自体の持続的な発展を考えて行動するように。

私も、相手に求めるだけでなく、相手のために、相手の希望を優先して行動するようになりたいです。 もちろん、相手のためという美名のもと、お仕着せや自己満足に陥ることがないよう気をつけなければなりませんが。 (クラブとの関係も同じですね。)

♪おんなよりも しごとよりも トーキョー♪ と歌う東京サポの端くれではありますが、これからの人生、東京よりも妻を最優先で生きていきます(キリッ)。 まぁ、夫婦とも東京サポなので、ほとんどの場合両立できると思いますが(笑)。

皆さま、今後も、夫婦ともども親しくしていただきたく、よろしくお願いいたします!

ところで、最終節新潟戦の記事をひっそりアップしていますので、よろしければご覧ください。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

フィナーレ 新潟vsFC東京 12月5日(土)(TV観戦)

  • 開幕戦でボコられた相手にきっちりお返ししたい。
  • 去年の勝ち点に並びたい。
  • ACL出場の可能性を残したい。
  • 何よりも藤山の東京でのラストゲーム・浅利の現役ラストゲームを勝利で飾りたい!

いろんなフラグが立ち、勝てる手応えもあったのだが、最後の最後に追いつかれてドロー。 しかも、浅利が交代出場の用意している最中のセットプレーでやられた。

新潟は上位争いするだけあって、良いチームだった。 ペドロ・ジュニオールをガンバに奪われ、マルシオ・リシャルデスや大島、本間は不在だったけど、自分達の特長と一定の質を確保した試合運び。 高さを有効に活かしてボールを収め、ポイント・ポイントで個々の選手が冷静にキープし、攻め急がない。 パスが華麗に回る訳ではないけど、これも一種のポゼッション志向のサッカーと言って良いだろう。 そして、相手がジレたり、ミスを犯せばそれを見逃さず、果敢に突く。 そういう戦い方が守備にも安定をもたらしている。 

けど、東京も梶山が復帰して連動性が増し、平山が復帰して前線での起点となった。 また、平山への北斗の反応や北斗と徳永が右サイドを疾駆する姿は、その効果はともかく、面白かった。 と思ったら、先制点はまさにその形からで、今野のフィードを平山が落とし、タイミングよく走りこんでいた北斗が決めた。 また、赤嶺もボールを納める意識が高く、城福サッカーへの適応を懸命に試みていた。

それにしても、梶山の凄さは繰り返すまでもないこと。 CWCを見ていても、梶山のような正確なサイドチェンジが見られるのはバルセロナだけ。 来年は、その凄さを怖さに転換する年。 怪我で封印していたミドルが解き放たれる時・・・。 代表の10番は梶山だ。 術後の経過がよいことを願うばかり。

後半も押し上げた米本の至近距離からのシュートが北野に弾かれたり、惜しいシーンがあったけど、リードを広げられず、何度も跳ね返していたCKから最後に決められて同点。

思えば、CKからの失点で幕を開け、CKからの失点で閉じたシーズン。 シーズン中盤、フジテレビワンツーネクストのプロサッカーニュースで、月間の全ゴールシーンを見たら、東京の失点は「すべて」CKからだった、なんてこともあったっけ。

2009年最後の試合を、藤山の東京での、浅利の現役最後の試合を、勝利で飾ることは出来なかった。 そんな試合を勝利で飾れなかったことはなんとも口惜しいが、それは相手とて同じこと。

鈴木監督最後の試合の新潟。 同点ゴールを決めたのは退団が決まっている松尾。 もう一人退団が決まっているディビッドソン・純マーカスも出場。 二人とも東京と関わりのある選手。

降格する大分や千葉などを含め、この時期、各クラブには各クラブ固有の負けたくない事情がある。 そんな中、東京こそが勝つべき試合で勝つクラブでありたいが、残念ながらそこまでには至っていない。 けど、そのことも、逆にJの重層的な奥深さを示しているようで、全面的に残念なだけではない。 ただ、その土台に綻びが生じつつあるようにも感じるのは寂しいことだが。

ところで、ナビスコ杯決勝前に感じた勝てるという手応え。 川崎が気合いが入りすぎて空回り気味だったのに対し、東京はむしろこの舞台を存分に楽しんでやろうという雰囲気がクラブ中から滲み出ていた。 それは文化、体質的なものと言えるかもしれない。 生真面目な川崎、勝たせる鹿島、戦う浦和とは異なる文化。 (まぁ、クラブの文化とサポーターの文化がまったくイコールとは限らないが。)

ただ、うまく書けないけど、もしかしたら、東京のそういう文化は、浦和戦や千葉戦、新潟戦で勝てなかった理由と表裏一体なんじゃないかな、とも感じた。 見当違いな見立てかもしれないけど。

ただ、そういう面も含めて、東京の心地よさは誇れるもので、大好きなものなのだが。 そして、そういう文化と、もっと勝つことは両立しうるものとも思う。 藤山、浅利がいなくなり、転機となる来年は、新たな高みを目指して進んで行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

A Decade is Passing... FC東京vs神戸 11月28日(土) と 明日は最終戦!

10年以上にわたりチームを支え続けたフジ、サリがチームを去る。 チームから、JFL時代はおろか、J2時代やJ1初年さえ知る選手がいなくなる。 その意味、影響が、果たしてどの程度のものなのか、正直、計りきれない自分がいる。 とにかく大きな変化だということは確かだろう。

いや、もしかしたら、そういう歴史的な意味づけよりも、フジとサリが実際に深川や小平で示していた姿勢・・・ サブでも準備を怠らず、年長でもサボらず、レギュラーを突き上げ、態度で周りの選手に範を示してきた・・・ それを来年欠いてしまうことの方が大きいのかもしれない。

いずれにせよ、フジとサリがなくなってしまう意味は、来年知ることになるのだろう。 「フジやサリがいれば・・・」 などと思うことがないようにしなければならない。 選手もスタッフもサポも。

そういうなにやら儀式めいた試合を、梶山と平山を欠き、もっと言えば石川もおらず、中盤4人のうち2人が高卒ルーキー、1人が下部リーグ上がり、FWもスーパーサブという布陣で戦かったのは、なにやら象徴めいている気がする。 フジ、サリと同じようにやれるのか、という試験のような。 北斗も草民も、時間限定とは言え課題に対応したプレーを見せていた。 祐介も。

これまでの世代と新たな世代の橋渡しのような試合を、たとえ紙一重であっても、現実に勝利を掴み取ったこと、しかもサブ組が決勝点を決めて勝ち取ったことは、なにやら吉兆めいたことだと思いたい。

フジ、サリの魂はしっかり継承されているよ・・・!!!

その決勝点を決めた平松。 帝京、中大、J2水戸でキャプテンを勤めたエリートという一面もあるものの、個人的にはJ2の弱小チームで悪戦苦闘した選手というイメージの方が強い。

かねてから、山尾、松本、八田、増嶋、中澤など、CBのバックアッパーを十分に開花させられなかった東京。 まぁ、ジャーンと茂庭に藤山という壁が大きすぎたので、今年とは単純に比較できないかもしれないし、平松と他の選手を一律に並べることが妥当なのかも分からないけど、ただ、レギュラーじゃないCBが大事なところで決め、主役となったことは、ここ数年の東京にとって、いい意味でかなり重大なことじゃないか、という気がする。 レギュラーの当落線上や未満の選手でも、しっかり戦力として生かす。 そこにチームとしての成熟、成長を感じる。

そして、新潟には行けないため、個人的に今年最後のFC東京の生観戦だった。 だから、勝利は一際嬉しいし、選手サインが当たったのも嬉しい! さらに嬉しかったのは、当選をメールやツイッターなどで連絡してくれてきた方々がたくさんいらしたこと。 本当にありがとう!

また、エネオスもありがとう。

今回もアップが遅くなりましたが、しばらくこの状況が続きそうです。 けど、決して、東京やブログへの情熱を失った訳ではないです。

最終戦、去年の勝ち点55に並び、順位で上に行くべく、挑め、東京!

変わるものと変わらないもの。 うまく繋いでいく。 そのために精一杯やる。 その過程が何よりも尊いし、愛おしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »