« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の4件の記事

2010年1月30日 (土)

2010年FC東京新体制発表会に行って思ったことなど

先週の土曜は小平の新チーム指導、大国魂神社の必勝祈願、そして嘉悦大学での新体制発表会に参加してきました!

R0013388

今年も愛らしいドロンパ! 社長とハイタッチしながら入場。

さて、新体制報告会の内容についてはTwitter実況動画配信翌日のトーチュウの一面記事、月曜のエルゴラ、ナオ表紙のサカマガ、参加された方のブログなどで、皆さんご存知だと思います。 (月曜のエルゴラの「新・東京書簡」に私の後頭部が、サカダイには、P.25の集合写真の左の方に小さく写ってました(笑)。)

R0013299

ワードローブが増えているドロンパ。

アップが遅れたということもあるので、現地で気が付いた点や個人的に思うことについて書きたいと思います。

R0013288

並ぶカメラ。


3年連続の"Moving Football"で思ったこと

まず、スローガンは3年連続で"Moving Football"。 もはや城福サッカーの代名詞ですね。

昔の文献や記事を思い起こすと、東京(鈴木強化部長)には、ワイドでスピーディーなサッカーで人気を上げ、タイトルも獲った次のステップとして、パスサッカーがしたいという理想があったように思われます。 2006年には「磐田のようなサッカー」を目指してガーロ監督を招聘したものの、結果的に上手くいきませんでした。 そして、城福監督という「切り札」を切った訳です。 すべてが順調だった訳ではありませんでしたが、この2年間で、対戦相手として東京と戦った森重と松下が東京の印象について聞かれた時に「パスサッカー」と答えるまでに至ったのです。

これは、"Moving Football"という具体的な形でパスサッカーを実現した城福監督の功績であるのはもちろんですが、パスサッカーを諦めなかった強化部の執念が(随分回り道をしましたが)実ったとも言えると思います。

だから、今のサッカーを極め、リーグ・タイトルを獲り、アジアの頂点に立つまで、または、何らかの事情により、途中で路線変更しなければならなくなるまで、スローガンの文言が変わることがあっても、"Moving Football"が体現するパスサッカー自体は、チームとしての「是」であり、スローガンであり続けるのだと思います。

R0013322

新入団選手一人ひとりに社長がマフラーをかけていました。


「心をひとつに」で思ったこと

そうなると、短期的により大きな意味を持つのがサブスローガンです。

今年のサブスローガンは「心をひとつに」。 印象に残ったのはサッカーに関する部分です。 社長の言うとおり、代表に5人も召集され、さらに梶山も怪我という中で心をひとつにする必要があります。 それだけの主力がシーズン前に抜けているということが、果たしてどのような影響を与えるのかは分かりません。 もしかしたらあまり影響は無いのかもしれません。

言えることは、過去の事例に学び、良い準備と対応をしていくしかないということ。 そして、想定外のこと(開幕スタート失敗など)が起きたとしても、「心をひとつに」して、平静である必要がある、ということだと思います。

R0013324

一堂に並んだ選手達に三田さんがインタビュー

「CSM」や、一口1,000円で10万人集めることなどに関しては、説明の仕方や、HPの内容、課金方法、実数or延べ人 数など、思うところも、改善の余地もたくさんあると思いますが、肝心なことは 「少しでも多くの人を巻き込むこと(そして収入を増やすこと)」 なので、それに向けスタッフもサポも努力するだけだと思います。

「見ている人の心を動かせ」はなぜ消えた?

もうひとつは、一昨年の「ボールも・身体も・観ている人の心も」や去年の「見ている人の心を動かせ」から、若干方向性が変わったということです。 昨年までのサブスローガンは、見ている人の心を動かすサッカーが実現できていないからこそ、目標として明示したんだと思います。

それに対し、今年「心を動かす」という文言が消えたのは、サッカーの質に関しては、(その完成度や、90分間のうちどれだけの時間実現できているかは別としても)観客の心を動かすサッカーが出来るようになった、と判断したのではないかと思います。

このことは、城福監督の会見からも言えると思います。 城福監督は「2分8敗」と言うキーワードの中で、ある程度の相手に対しては狙ったサッカーができるようになった反面、上位陣に対しては出来なかった、と言いました。 つまり、出来るか・出来ないかという課題があるにせよ、少なくとも理想とする戦いの形は見えたということです。 また、「4位」と言うキーワードでは、理想の形についてより明確に狙いを語っていました。

R0013336

会見に臨む城福監督。このあと、会場はシーンとひとつひとつの説明に聞き入った。

思い起こすと、去年の今頃は「停滞は後退」という意気込みのもと、新たなチャレンジに取り組みました。 前年(2008年)、夏場に失速すると、城福監督はカボレを左サイドに置くという手を打ち、これはゴールに近づく現実的な対応でしたが、反面、予め流れを固定化するやり方であり、"Moving Football"に反する面もありました。 そこで、去年のキャンプでは、両SBを高く上げ、キープ力があり決定的なパスを出せる梶山をゴール近くの2列目に置くという、前年とは異なる形をトライしました。 しかし、開幕までに充分成熟させることができず、また、開幕戦で前がかりになったところをカウンターで破られ続け、以降、試合運び自体が慎重または不安定となり、シーズン序盤、良い試合を見せることは出来ませんでした。 (もちろん、去年のチャレンジがすべて無駄だった訳ではなく、徳永が一皮向けたことや、その後のCBの役割の明確化に繋がっていったと思いますが。)

それに対し今年は、繰り返しになりますが、上位相手に実現できていないとは言え、目指す姿が明確になっていると思います。 また、その姿に適した能力を持つ選手を獲得できたと思います。

全体を考え合わせると、代表への大量召集という不安点はあるとは言え、また、上位相手に、どう目指す姿を実現させるかという新たな課題があるとは言え、シーズンイン前の今の時期としては、過去になく優勝争いに近づいているということだと思います。 実際、選手、スタッフ、サポーターだけでなく、他サポやメディアも含め、期待が高まっているのを感じます。

シーズンインが本当に楽しみです。 経営的に苦しい部分もあると思うので、少しでもその力になれれば。

R0013366_2

選手の後ろにサポとして並びました!


サポーターの参加について

世間では、記者クラブの存廃などメディアを巡る状況が揺らいでいるようですが、そんな中、新たにサポーターの参加に門戸を開いたのはポジティブに評価できると思います。

個人的にも、チームの重要な舞台に直接身を置くことが出来て、とてつもなく嬉しかったです。 そして、少しでも多くの人に、同じ嬉しさを味わって欲しいと思います。

ただ、現実問題と して、会場のキャパシティや運営を考えると、希望者全員を呼ぶことは難しいと思われます。 例えば、1ペーニャあたりの人数を減らし、より幅広い対象から参加できるようにした方がいいか、と思いますが、どのようなやり方を選んでも、一長一短あり、すべての人に とって満足できるやり方を導き出すことはできないと思います。 少しでも公平感が上がる方策があればいいのですが。

R0013372

ドロンパをいじり続ける森重

ちなみに、私個人が参加させていただけたのはこちらの方のおかげです。 感謝いたします!

R0013352

おまけ。新米広報マン浅利!誰もが最初は雑用から。頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

高校選手権決勝 山梨学院vs青森山田 1月11日(祝)

どう書くか、悩む試合だった。

良い試合だったのは疑いようがない。序盤の山梨学院の攻勢。横に縦に斜めにピッチ広く行き交うボールと選手。そして碓井くんを中心に相手の急所を突くパスとドリブル。掛け値なしに見ていて楽しかった。

ただ、どうしてもJユース杯の決勝と比べると、「…」となってしまう。

一方は満員の国立。他方は(注目度が上がっているとは言え)ガラガラの長居。そして、敢えて言えば、レベルは、上手さ、戦術、ハードワーク、試合の流れに応じたプレーなど、すべての面で長居が上。

野暮なことは百も承知だが、両者が対戦すればどうなるか。

一昨年の大前がいた流経大柏と大竹や椋原の代のFC東京U-18だったら、どっちが勝つかわからないか、流経大柏がやや優位かなと思った
去年の広島皆実は、鹿児島城西>前橋育英を介した間接的な比較だが、岩渕や山浦、タマ達の代と良い勝負が出来た気がする(何の根拠もないが)。
けど、山梨学院と今年のFC東京U-18の試合を妄想すると、東京の圧勝しかイメージ出来ない。
まぁ、選手権の価値は青春の火を燃やすことにもあるので、上手さとか強化だけでないかもしれないが。

そこに横たわるギャップ。そんなことが頭を巡って、正直純粋に楽しみきれない自分がいた。

よく言われていることだが、全国的に指導のレベルが上がっている(あるいは均質化が進んでいる)。そんな中、差を分けるのは特別に優れた指導者と素質のある選手達。
まさに監督を韮崎から招聘し、選手をFC東京U-15むさしを中心にJクラブのJrユースから招いた山梨学院が取った方法。

そして、その舞台で勝負すれば、どうしてもJユースがヒエラルヒーで上にくる。プリンスリーグの結果で明らかなとおり。

他方で、高校も選手権に出てない選手を含め、様々な可能性に溢れているし(米本などその最たるもの。大学を経由した長友も。)、未知の楽しみがある。

何が言いたいかと言うと、Jユースにも実力に見合った注目が与えられると良いなと言うことと、ゼロックス杯の前に行われる高校選抜とJユース選抜の試合が楽しみだな、と言うこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

新感覚☆代表戦!

・若手の招集
・テロ情報(?)で厳戒の現地
・TV中継なし
・現地入りしたライターによる生つぶやき
・超人気者が良い時間帯でツイッター降臨
・西川負傷、権田先発情報
・ウェブ中継情報求めての右往左往

アジア杯予選・イエメン戦は、いままでになく観戦モチベーションと観戦環境が反比例する状況だった。

最初はUSStreamで、途中からU-20日韓戦も見たjustin.tvで見ていたけど、前者は紙芝居状態(+実況はどんだけ吉田麻也が好きなんだ)で、後者は定期的に有料会員勧誘画面に切り替わるため、いずれも定期的なリロードが必要。

分からない部分は、みんなのつぶやきで補完。ツイッターのタイムライン上は、知っている人も知らない人も、こんな一体感はかつて感じたことはなかった。

そして平山。相手がどうだろうが、あまりにも華々しい結果。爆発するタイムライン。

今の時期にこのメンバーで試合することが妥当なのか、この試合が果たしてドイツに繋がるか分からない。悪質なタックルで負傷、J開幕に間に合わない山田はあまりにも気の毒。ただ、個人的に代表戦でこんなに盛り上がったのは、2002年日韓W杯、いや、フランスW杯予選以来だったかもしれない。

だからと言う訳ではないが、たまにこういう将来を見据えた試合があっても良いんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

あけましておめでとうございます 天皇杯決勝 ガンバ大阪vs名古屋 1月1日(元日)

新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い申し上げます。 ワールドカップイヤーですが、FC東京、東京サポ、サッカー関係者にとって良い年となることを願っています。

さて、昨年の観戦締めは西が丘での高校選手権・東久留米総合vs境。 今年の観戦初めは天皇杯決勝と、例年通りの年末年始を過ごしています。 そして、女子決勝のことを思い出したときにはもう間に合わない、というのも毎年恒例・・・。 ただ、例年と違うのは、いろんな情報をツイッターを通して得ている、ということです。

Rimg3262

ガンバゴール裏。

Rimg3264

名古屋ゴール裏。

この場にいた東京サポであれば、誰もがこれを思い出し、そして 「やっちゃったな」 と思ったに違いない。 (ツイッターで、「教訓:コレオグラフィで星を出してはいけない(川崎、名古屋)」と呟いたら、思いのほか多くのRTをいただき、サポティスタに載ってしまった。)

2010年最初の試合はとても面白い試合だった。

ガンバはいつもの4-4-2で、序盤から、これぞガンバサッカーというパス回し。 遠藤と橋本が時々前後入れ替わるのが心憎い。 ダイレクトに繋いであれよあれよという間にゴール前へ侵入し、ゴールを陥れたシーンは綺麗で圧巻だった。 1-0。

久々に生で見る安田は、スペースへの活きの良い飛び出しは健在だった。 かつてのように、強引に相手を抜こうとするよりも状況に応じたプレーをしていて、怖さは減ったけど、それなりに効いていたと思う。 ディフェンスでは、序盤、名古屋がかなり狙っていて、玉田やハユマに後手を踏み、侵入を許すことが多かったけれど、大過なく対応していた。

対する名古屋は、最近結果を出しているという4-1-2-3。 ケネディのワントップにマギヌンが左に、玉田が右に張り、その後ろに小川が左、中村直志が右、中盤の底は吉村。

こちらもボールが回る。 マギヌンが加地を引き付けながらサイドに寄り、小川が戻って生まれたスペースに吉村が入れ替わりで飛び出すシーンや、玉田が開いて作ったスペースにケネディが入って、スピードを落とさずボールを呼び込むプレーなど、かなり連動的なサッカーを見せていた。

ただ、ガンバと比べると、どうにも余裕がないというか、無理にやっている感じがある。 ケネディに集めるのがやや性急というか、可能性を充分生み出す前に勝負してしまっている感じが否めない。 (それでも決定機を作ることが出来るのは、ケネディの怖いところ。)

例えば、中村直志なんかも良い選手だけど、攻守の切り替えの遅さや、オフザボールの、特にパスを出した後の動きなどに物足りなさが目に付いてしまう。 右サイドで玉田をサポートしたり、ハユマのオーバーラップを引き出したあと、さらにもう一度フリーになろうとしたり、受ける準備をすれば、もっと効果的な攻撃を引き出すことができると思うのだが。 程度の差こそあれ、同じことは逆サイドの小川についても言える。

阿部は怪我の影響か、それともマギヌンに頭を抑えられたからか、攻撃参加は少なめ、オランダ移籍(予定)の吉田は、上手いがあのスピードの無さは果たして大丈夫なのだろうか。。。

それでも、ハードワークでガンバ相手に流れを呼び込んだ名古屋は、ピクシーイズムが浸透したというか、素直に見事だったと思う。 そして、ケネディが高さで逸らしたボールを直志が頭で押し込んで同点。 1-1。

その後も名古屋が攻勢に出て、ガンバは受けに回ってしまう。 ガンバにはたまにこういうことがある。 つまり、ボールがスムーズに回る分、惰性で攻撃が成り立ってしまうからか、いつの間にか相手に傾いた流れを引き戻せないまま、やられてしまうことがある。 東京も、そんなガンバの隙というか、エアポケットを、かつてノリオや今野が打ち破ったこともあった。 このあたりが、強いのに1度しかリーグタイトルに届いていない原因だろうか。 (逆に言えば、鹿島の強さはいつも同じペースで戦いながら、意識がほとんど途切れないところだろうか。)

そして、この日の名古屋も同じようにガンバの隙を突き破るかも?と思った瞬間もあったのだが、どちらにも転びうる試合の流れを決めたのは個の力だった。 二川の縦パス一本を受け、ペナルティエリアの外枠を軽やかに右から左へヒラリヒラリと進み、正面を向きなおして、左足で逆サイドネット目がけて一蹴。 ゴール! 2-1。

名古屋や中村、吉村に代えて、三都主と巻弟を投入。 左からマギヌン、ケネディ、巻、玉田の4トップ、中盤は三都主とブルザノビッチの二人のようなスクランブル態勢に。 けど、むしろガンバに中盤を完全に制圧され、放り込むこともままならず、逆にガンバの攻撃の直撃を受ける結果に。

いつもながら良い働きの明神に三都主が潰され、3対2で逆襲を食らい、二川→遠藤→二川と正剛を含む名古屋ディフェンスが翻弄され、3-1。

さらにロスタイム。 浮き球を遠藤が華麗に叩き込み、4-1。 そして試合終了。

天皇杯連覇を果たし、ガンバサッカーがまだまだ健在であることを示した。 ただ、前回ACLを制した頃と外国人FW以外のメンバーが変わっていないのが、果たしてどうなんだろう。 山崎も移籍組だし。 去年の天皇杯決勝の時はこんなことを書いた。

ガンバは主力もほぼ一定の年齢層に偏っているから、数年後、もし世代交代を間違えれば、去年の磐田のようにならないとも限らない。 まぁ、 資金力はあるし、ユースも強いし、他チームから良い選手(日本人、外国人)を引っ張ってくる鑑識眼も高いので、そうそう崩れたりはしないだろうけれども。

日本サッカーのために、まだまだ頑張って欲しいと思う。

他方、名古屋は、財政難に苦しむチームが多い中、闘莉王、金崎を獲得し、相対的に積極姿勢が目立つ。 ケネディ、闘莉王がいるセットプレーは脅威になろうだろう。 2008年の躍進から、ACLと両方闘った今年はやや停滞したが、Jリーグ一本に絞れる今年は果たしてどうなるか。

そして、リーグ戦4位の広島がACL出場権を手にした。 ACL改革で、東南アジアというのはなくなり、中国(済南)、韓国(浦項)と豪州(アデレード)へ。 選手層は薄いけど、果たして乗り切れるか。

他方、東京はもう一年準備を整えることができる。 去年のサッカーを継続するのか。 それとも、新しいベースを作るのか。 戦力補強はまだあるのか。 胸スポンサーは。 ドロンパ・グッズは。

種々、期待・不安を胸に、シーズン・オフに入る。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »