« 総論と各論 FC東京vs清水 5月15日(土) | トップページ | ダメ出しだらけの解説にダメ出し ナビスコ杯 仙台vsFC東京 5月26日(水) TV観戦 »

2010年5月26日 (水)

新鮮・新戦力! ナビスコ杯 FC東京vs新潟 5月23日(土)

駒沢開催。 今年も天気に恵まれ、自転車で行きました! 試合前に鶴をお渡しし、いざ、試合開始。 代表、予備登録、出停で、長友、今野、石川、徳永、ヨングンが不在。

注目はセンターバックに入った高橋。 去年、グアムで初めて見た時の印象は、端正な中にも幼さの残る顔立ちで、これは人気が出るなぁ、と思った。 特別指定の昨年は公式戦出場が無く、まだ完全にチームの一員になってない、と新体性発表会で語った高橋。

満を持しての登場で見せたプレーぶりは、まさに城福東京にぴったりなタイプで、シュアな足元、正確なロングフィードが目に付いた。 1、2回、球際の処理からピンチを招きかけたけど、このあたりは厳しさはプロの試合を積み重ねていくことで精度・安定感を向上させていかなければならない。

もう一人、大竹。 角度のないところから、小林慶行を振り切って決めた技アリゴールはもちろん、スピードの落ちない微妙なフェイントで自らコースを切り開いていくドリブルが効果的だった。 (長友も、こういうことができれば代表でもっと活躍するだろうなぁ、と思った。) これまでも、狭い中でボールを持った時に持ち味を発揮する反面、オフザボールの動きが課題だったけど、この日は全体的に効果的な働き。 相手の足が止まる前から、90分間、効果的な動きを見せることが課題だろう。

個人的に思ったのは、松下と北斗のポジションは逆の方がよくない? ということ。 北斗は、狭いところで相手と競り合った方が強さを発揮できるし、逆に松下はフリーで動いた方が、正確なパスやスピードを発揮できる。 (逆に言えば、北斗はフリーだと判断が遅く、SBとしてオフザボールの動きが悪い。 松下は、集団の中では埋没気味。)

梶山は、腰を打つ前から調子が悪そうだった。 90分間出たということは、調子や症状を本人・チームがちゃんと判断したうえで、大丈夫という判断なんだろう。 心配だけど。

今日は仙台戦。 ホーム・リーグ戦をドローで終わった悔しさをぶつけて勝とう!

|

« 総論と各論 FC東京vs清水 5月15日(土) | トップページ | ダメ出しだらけの解説にダメ出し ナビスコ杯 仙台vsFC東京 5月26日(水) TV観戦 »

FC東京2010」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/48460516

この記事へのトラックバック一覧です: 新鮮・新戦力! ナビスコ杯 FC東京vs新潟 5月23日(土):

« 総論と各論 FC東京vs清水 5月15日(土) | トップページ | ダメ出しだらけの解説にダメ出し ナビスコ杯 仙台vsFC東京 5月26日(水) TV観戦 »