« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の8件の記事

2010年5月29日 (土)

ダメ出しだらけの解説にダメ出し ナビスコ杯 仙台vsFC東京 5月26日(水) TV観戦

某所でTV観戦。 グダグダな試合内容に輪をかけてイライラさせられたのが解説。 口をつく言葉の95%は東京へのダメ出し。 仙台のことにはほとんど触れず、東京の失敗をあげつらって悦に入ってるだけ。 清水秀彦ってあんなんだったっけ? 今後、TV観戦が増えるのだが、こんなのばかりだと先が思いやられる。

言ってる内容が間違っている訳ではない。 けど、見たまま、起きたままを言っているだけ。 梶山の縦パスが通らなかったら、シンプルに外を使え、フェルナンジーニョがフリーだったら、マークが外れている。 事実をなぞっているだけだから間違えようが無い。

けど、何の深みも分析もなく、本質に迫っていない。 例えれば、黄疸が出ているのに、肝臓ではなく皮膚の異常を指摘する医師。 真っ直ぐ走らない車で、車台の歪みを調節せず、タイヤの空気圧でどうにかしようとするメカニック。 

贔屓チームにダメ出しばかりされたから、という感情面だけでなく、せっかく、マリノス、ベガルタ、仙台カップの東北選抜と、良いチームを作ってきた指導者なのに、東京の課題にも、仙台の良さにも、今後の展望にも何も触れず、ただただ残念だった。

東京のポゼッションというのは、攻撃の手段であるだけでなく、相手の攻撃機会を減らして失点を防ぐことも含む、総合的に試合をコントロールすることを目指すもの。 だから、その中でチェンジ・オブ・ペースやスイッチのオン・オフを入れるのか、相手の裏やギャップを突くのか、ということが課題のはず。 攻撃が中だから点が取れないとか、外だからシンプルで良いとかではない。 中からの攻めでも、平山がもっと楔として機能すれば、ナオが走りこむ機会も生まれ、チャンスは増える。 じゃあ、そのためにどうするのか、清水さん、次回教えてください。

ところで、梶山は90分出たけど、果たして怪我やコンディション的にそういう状態なのか、不安を感じずにはいられなかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

新鮮・新戦力! ナビスコ杯 FC東京vs新潟 5月23日(土)

駒沢開催。 今年も天気に恵まれ、自転車で行きました! 試合前に鶴をお渡しし、いざ、試合開始。 代表、予備登録、出停で、長友、今野、石川、徳永、ヨングンが不在。

注目はセンターバックに入った高橋。 去年、グアムで初めて見た時の印象は、端正な中にも幼さの残る顔立ちで、これは人気が出るなぁ、と思った。 特別指定の昨年は公式戦出場が無く、まだ完全にチームの一員になってない、と新体性発表会で語った高橋。

満を持しての登場で見せたプレーぶりは、まさに城福東京にぴったりなタイプで、シュアな足元、正確なロングフィードが目に付いた。 1、2回、球際の処理からピンチを招きかけたけど、このあたりは厳しさはプロの試合を積み重ねていくことで精度・安定感を向上させていかなければならない。

もう一人、大竹。 角度のないところから、小林慶行を振り切って決めた技アリゴールはもちろん、スピードの落ちない微妙なフェイントで自らコースを切り開いていくドリブルが効果的だった。 (長友も、こういうことができれば代表でもっと活躍するだろうなぁ、と思った。) これまでも、狭い中でボールを持った時に持ち味を発揮する反面、オフザボールの動きが課題だったけど、この日は全体的に効果的な働き。 相手の足が止まる前から、90分間、効果的な動きを見せることが課題だろう。

個人的に思ったのは、松下と北斗のポジションは逆の方がよくない? ということ。 北斗は、狭いところで相手と競り合った方が強さを発揮できるし、逆に松下はフリーで動いた方が、正確なパスやスピードを発揮できる。 (逆に言えば、北斗はフリーだと判断が遅く、SBとしてオフザボールの動きが悪い。 松下は、集団の中では埋没気味。)

梶山は、腰を打つ前から調子が悪そうだった。 90分間出たということは、調子や症状を本人・チームがちゃんと判断したうえで、大丈夫という判断なんだろう。 心配だけど。

今日は仙台戦。 ホーム・リーグ戦をドローで終わった悔しさをぶつけて勝とう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

総論と各論 FC東京vs清水 5月15日(土)

復調気味の東京と、目下首位の清水。 面白い試合になりそうだったけど、客観的に見て、期待どおりの面白い試合だったと思う。 サポとしても、落ち込んだり、喜んだり、ホッとしたり、悔しかったり、様々な要素が詰まった試合だった。 また、試合後のセレモニーや、ゴール裏のコールを含め、スタンドが盛り上がったのも良かった。

小野は体調不良だったが、自分は動け(か)ずとも、味方、そして相手を動かすポジショニングと指示は大したものだった。 W杯前のこの試合で岡崎に点を取られずに良かった。 藤本はあのFK(ボスナーが蹴ると思っていた)以外、全然良くなかったのに。。。

さて、東京の感想。 首位チームを相手に、普通にあれだけポゼッション出来るのだから、東京のボールキープ力も完全に板に付いたというか、素直に大したものだ。

ポゼッションによって守備のリスクを減らすというのは建前だけではない。 実際、流れの中でのピンチは少なかったし、攻撃の連動も上がってきている。 ボールをキープし、流れを掴み、試合を優勢に進めている。 実も伴っていると思う。

他方、試合は流れだけで構成されている訳ではない。 流れをゴールという形に結実させなければならない。 チャンスの二、三個手前までは何度も来ている。 チームとしてのしっかりとした形・土台が出来つつある。 しかし、そこからのフィニッシュへのアプローチが相変わらずの課題。 どのようなディテールを描くのか、そして精度を上げていくのか。 個々のシチュエーションへの対応はアドリブか、それともパターンか。

城福さんの考えは明快。 2008年のグアムで、城福さんは「自由に!」と叫んだ。 2009年のグアムでは「技術を見せろ!」と求めた。 「電流を流し続ける」ため、スペースやオフ・ザ・ボールの意識を叩き込んだ。 選手の動きを型に当てはめるのではなく、原則と配置によって選手の力や特徴を引き出すサッカー。 その方向性でここまで来た。 総論では同意しているし、自分の気持ち的にも、そのサッカーが花開く姿を見てみたい。

しかし、各論では、手をつけて修正を図ってもいい部分もあるのではないか。

例えば、この試合、あれだけあったCKやクロスのチャンスを、ほとんど活かせなかった。

チームで一番のFKの名手・松下が投入され、最初(だったと思う)のCKでショートコーナーを蹴ったときはズッコケそうになった。 何のためのFKの名手か。 だったら、前半の数え切れないほどのCKでもっと試せばいいのに(1回やっていたのは覚えているが)。

また、クロスに対し、中の3~4人が全員中央で競ってしまうようなシーン。 ニア、真ん中、ファー、こぼれ球狙いなど、合理的に考えて動けば、もっともっとチャンスは広がるはず。 実際、東京の1点目も2点目も、クロスのこぼれ球を叩き込んだものだった。 1点目は長友がよくぞ合わせてくれた。 松下のシュートは、GKにとって味方選手が重なって完全にブラインドになっていた。 こういうチャンスは、意識していれば、前半からもっと作れると思う。

最後に、青赤姿はこれで見納めとの噂の長友。 その試合で印象深いゴールを決め、やはりこの選手は持っているな、と改めて思った。 大学、北京代表から駆け抜けて、東京でのレギュラーそしてW杯レギュラーまで来た。 今はこの勢いに乗って、もっと突き進んで行くのがいいだろう。

赤嶺には、再開後爆発してもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

重松が示した相手のギャップを生むはっきりしたプレー 山形vsFC東京 5月9日(日) TV観戦

清水戦直前なので、ちょっとだけ。

内容的には、それまでの広島戦、仙台戦などと大きくは変わらなかった。 差を分けたのは、はっきりやりきるプレーだったと思う。

一点目の羽生の縦、平山の戻し、松下のフォローとスルーパス、重松の抜け出し、そして角度のないとこからのシュート。 すべてのプレーに迷い、曖昧さが無かった。 それが相手の対応を遅らせ、ギャップを修正する時間を与えず、得点に繋がった。

二点目に繋がった重松の平山へのパスにしても、重松的には、一瞬持った後、平山がもっと楽にボールを受けられる"お膳立て"パスを出すことも出来たかもしれない。 けど、重松はダイレクトで、多少平山を走らせてでも、素早くサイドのスペースにパスを出した。 平山が走ってボールに追いついた時、相手DFを二人もサイドに引き連れていた。 おかげで、バイタルには広大なスペースが広がり、羽生はドフリーだった。

このとき、フリーだった羽生はトラップして狙うこともできたけど、そうすると相手DFのプレッシャーを受けるし、GKにも反応の間を与える。 結果的に、ダイレクトに打ったことで、相手に反応する時間を与えず、シュートも結果的に枠に飛んだ。 インタビューにもあったとおり、積極的にシュートを狙ったことが功を奏した。

一瞬の間、絶妙な塩梅と形容したくなるプレーも好きだし、決まれば美しいけど、そういうプレーは 味方にも分かりづらく、連動しにくい。 どんな時も、誰が出ていても、相手がどこであっても、ギャップを生じさせやすいのは、はっきりとしたプレー。

ところで、平山が仙台戦、山形戦とエリア付近でボールを持てている。 これが、相手CBのプレッシャーが弱いからか、それとも、平山自身が調子を上げているのか、にわかには判別しかねるが。

今ちゃんは大丈夫だったようでよかった。 過去に脳震盪したことがあったから心配していた。

さて、上向きの今、首位の清水を叩くぞ! 今から出発!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

ACL敗退に感じる日本サッカーの先行き

いや、何か分析的なことを書けている訳じゃないですが。

ACL、J全チーム敗退に結構ショックを受けています。 まぁ、相手に上手く試合を運ばれた面もあるけど。。。

つい3年前、こんなことを書いた。

ACLで特に目立つKリーグ・チームのラフプレーは、彼らが意識的にか、無意識のうちにか感じている焦りの現れかもしれないと思った。

大挙して海を渡ってくるサポの数とその熱意、ワシントンやポンテのような選手に満足度の高い職場を提供できること、背景とする経済力、地元クラブを 愛することができるサッカー文化の成熟度・・・。

そういう観点で、JリーグがKリーグよりも浸透していることは、これまでも薄々とは見えていたが、ようやく今年から日本がACLに本腰を入れること になり、いよいよ明白になり始めた。

けど、Jが、いや日本サッカーが足踏みを続けているうちに、相手は前に進んでいたようだ。

もちろん、ガンバは西野サッカーがピークを超えた端境期、川崎も関塚退任・憲豪、ジュニーニョの怪我、直近では最も充実している清水、名古屋、浦和の不参加等といった状況が不利に働いた面もあるが。

ポスコは、トップをはじめ一人ひとりが相手を背負いながらもボールを収めて、ポストとして機能。 早めにトップに当てて、前を向いて視野を確保した味方に確実に繋いでいた。 動き過ぎず、数的優位を作ることもなく、ハエがたかるようなサッカーは全然していなかったけど、攻撃がきちんと成立していた。 人数をかけて冒険する必要が無いから、守備も安定。 最後まで集中力を維持し、綻びを見せなかった。

要は一人ひとりが強かったと言えばそれまでな訳だが、同時に、実利的な強さというものについて考えさせられてしまった。 まぁ、個の力が足りないから組織や運動量でカバーするという、何度も繰り返してきて、誰もが百も承知のことなものの。

とは言え、東京にしろ、代表にしろ、消化が難しいことや体力的に大変なことをやろうとして、それに見合った効果を出しにくいというか、リターンに対するリスクが大きい。 なんとなく、重箱の隅をつつくサッカーになってしまっているような感覚がある。 ガラパゴス・サッカーというか。

ただ、代表であれ、ACLであれ、成果を出せないと、国内でのサッカー自体のマイナー化が進んでしまう。 それこそ日本自体がガラパゴスになってしまう。 (アメリカでサッカーはマイナーだが、文字通りマイナー層や移民層だけを切り出しても、広大なマーケットが存在している。)

ヨーロッパリーグ決勝の両チームの胸スポも韓国企業というのも、ささくれた胸に突き刺さった。 ウォン安の恩恵が大きいとは言え、戦略的だからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

僕たち 私たちの代表 僕たち 私たちのナオ

東京サポにとっては、切ない想い(または怒り)が胸を過ぎる代表発表となった。

言うまでもなく、ナオ、徳永、平山が選ばれなかったこと。

いや、正確に書こう。 俺たちが世界に誇るナオが選ばれなかったこと。

選手生命を脅かす怪我にも負けず、五輪での失意にも負けず、成長の壁にも負けず、何度でも這い上がり、乗り越えてきた選手。

逆境も、環境の変化も、理不尽さも受け入れ、むしろ成長の糧とし、悩み、苦しみながら自らの幅を広げて適応し、花開かせてきた選手。

お洒落で、サーファーで、笑顔がかっこよくて、母親想いで、想いをインタビューやブログで率直に丁寧に伝えてきたファン想いのスピードスター。

そんなキャラクターだけでなく、何より観る者の心を躍らせるのはそのプレースタイル。 去年、あのポジションで、限られた出場試合数で15点取ったのは伊達ではない。 今年は何度もバーに嫌われているけど、一瞬の切れ味は23人の誰にも真似できない。

2005年のユベントス戦でも、右サイドから一瞬の加速でエリア内に飛び込み、以降、相手のDFはディレイまたは複数でナオに対応していた。

W杯という国どうしの総力戦において、戦力の劣る側が勝利するには奇襲が有効だと思う。 それも絶対的なスピードよりも、静から動への変化が。 そんな変化を付けるのにぴったりの選手がナオ、と、理屈でも考えていた。

城福監督も、一人でも多くの東京の選手に南アのピッチに立って欲しいと言っていた中、世界の晴れ舞台でナオが見れないのはとにかく残念だが、誰よりも悔しい思いをしているのはナオ本人であり、一ファンの想いは、ここにぶちまけるだけで封印したいと思う。

感傷も関係なく、本番は近づいている。 今野、長友をはじめ、選ばれた23人にはおめでとうと言うとともに、熱くかつ冷静に頑張って欲しい。

きっと気力も充実していることだろうけど、もし気持ちにブレが生じたり、集中が難しくなったら、ナオのブログを読んで、その想いと悔しさを想像すれば、甘さなど吹き飛ぶという気がするのは大げさだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

あと一歩!? FC東京vs仙台 5月5日(祝)

こと、ポゼッション(というか繋ぎ)の部分では、形になってきているように見える東京。

他方、怖さがないのは、また、点が奪えないのは、攻撃に時間がかかり、相手の薄い部分や隙を突けていないから。

相手の薄い部分や隙を突くには視野と判断と技術がいる。 けど、三列目や最終ラインから、相手の急所を突くパスはなかなか出ず、安全なパスばかりとなってしまう。

アタッキングサードに入ると相手のプレッシャーが強くなるので、必然的に早く判断せざるを得なくなるものの、慌てて精度を欠くか、または、お膳立て万端でのシュートばかりとなる。 お膳立てというのは、味方が打ちやい以上に、相手に準備する時間を与えてしまっている状態。

シュート本数は多いのに「シュートを打て」コールが出てしまうのは、また、負けてもないのに、サボってもいないのにブーイングが出てしまうのは、得点の薫りのするプレー、例えば相手の準備が整っていない状態でシュートなどが少なく、見ていてもどかしいからだろう。

結局、可能性の低いシュートを打ち、相対的に可能性の高い場面では、シュートではなくパス選択してしまう。

城福さんの目指すサッカーは、個人が枠や形や役割に合わせるのではなく、個人の技術や判断を活かすサッカーだと思っている。 去年も、組織的なボール回しである程度の結果を出したけど、得点は、カボレの突破のこぼれ球狙いしかり、ナオの逆算ゴールしかり、結局のところ個で取っていた。

しかし、個の判断というものの正解は毎回違う。 もっと言えば、同じ場面でも、特定の正解はないのかもしれない。 各選手がその場面で、各々ベストの判断をした場合、選手どうしのプレーが重なってお互いに邪魔になってしまい、チャンスを潰してしまうことがある。

そういうことも見越して、瞬時に役割分担を判断し、2手先、3手先を読んだプレーが必要となるが、それには監督の指示、味方や相手の癖、過去の似た場面での状況、味方どおしのコミュニケーションなどを踏まえた高度な判断が要求される。

しかし、先週・水曜のエルゴラにもあったとおり、今の東京には、シーズンイン前の主要メンバー怪我、シーズンイン後の日替わりメンバーなどによる連携不足が影を落としている。

結局、時間をかけて解決するしかないのだろう。 ただ、そういう体質改善的な、長期的なチーム作りは間違っていないとしても、シーズンは容赦なく進んでいく。 となると、「時間のかかるチーム作り」自体への疑問が発生する可能性もあるが。 もっと短期的な対症療法で結果を出していくことを求める意見が。

あ、徳永は面白くなってきたな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

東京サッカー(までもう少し) 広島vsFC東京 5月1日(土) TV観戦

勝ち方を忘れたかのような東京のサッカー。 ただ、昨年、Jリーグで5位に入ったサッカーを、ムービングできた部分も、上位チームに対して2分8敗だった部分も含め、"東京のサッカー"と呼ぶとすれば、内容的には、広島戦はもう少しで"東京のサッカー"を実現できた試合だったと思う。

梶山が入り、中盤でボールをボールを持つことが出来、逆サイドや裏などに正確なパスが出るようになった。 さらには、羽生が2列目に入ったことで、味方のフォローの質が上がり、攻撃をより継続できるようになった。

序盤、中央やや右からリカルジーニョが運んで中の平山と合わせようとしたシーンとか、平山のヘディングとか、ナオが切れ込んでバーを叩いたシュートとか、これが決まっていれば、という場面があった。

もっとも、それらのシーンをことごとく外し、他方、相手の数少ないチャンスに決められてしまうのだが。 (先制点はオフサイドだったが。)

シュートが入らないのも、守備がピンチに脆いにも、問題は同根だと思う。 つまり、繋ぎの質が低いために、十分な体勢でシュートを打てず、ボールの奪われ方が悪いために、途端にピンチとなってしまう。 そういう意味で、ガンバ戦後、監督が「精度」について語ったのは妥当なのだろう。 このあたりは、解決を時間や慣れ、実戦経験に委ねる部分が多い。

最後に、物議を醸した?平山の交代について。 平山は、この日に限っては、京都戦やガンバ戦よりも良く動けていた。 だから、この試合でシュートを外したから、というより、最近の試合トータルでの判断だろう。 あの時点での交代のメリット・デメリットとも十分承知のうえ、敢えてあのタイミングで交代したはずだ。 果たしてショック療法が次に繋がるのかどうかは、蓋を開けてみなければ分からない。 そして、どのような結果であれ、その責任は取らなければならないのだが。

さて、今年のGWは、J2やJFLも、プリンス・リーグも、東京国際ユース選手権も観に行けていないが、家の用事とか、買い物やお客さまに来ていただいたりなど、充実している。

お世話になっている皆さまにもいずれ来ていただきたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »