« ペナルティエリアの精度が問題なのか ガンバ大阪vsFC東京 4月24日(土) TV観戦 | トップページ | あと一歩!? FC東京vs仙台 5月5日(祝) »

2010年5月 4日 (火)

東京サッカー(までもう少し) 広島vsFC東京 5月1日(土) TV観戦

勝ち方を忘れたかのような東京のサッカー。 ただ、昨年、Jリーグで5位に入ったサッカーを、ムービングできた部分も、上位チームに対して2分8敗だった部分も含め、"東京のサッカー"と呼ぶとすれば、内容的には、広島戦はもう少しで"東京のサッカー"を実現できた試合だったと思う。

梶山が入り、中盤でボールをボールを持つことが出来、逆サイドや裏などに正確なパスが出るようになった。 さらには、羽生が2列目に入ったことで、味方のフォローの質が上がり、攻撃をより継続できるようになった。

序盤、中央やや右からリカルジーニョが運んで中の平山と合わせようとしたシーンとか、平山のヘディングとか、ナオが切れ込んでバーを叩いたシュートとか、これが決まっていれば、という場面があった。

もっとも、それらのシーンをことごとく外し、他方、相手の数少ないチャンスに決められてしまうのだが。 (先制点はオフサイドだったが。)

シュートが入らないのも、守備がピンチに脆いにも、問題は同根だと思う。 つまり、繋ぎの質が低いために、十分な体勢でシュートを打てず、ボールの奪われ方が悪いために、途端にピンチとなってしまう。 そういう意味で、ガンバ戦後、監督が「精度」について語ったのは妥当なのだろう。 このあたりは、解決を時間や慣れ、実戦経験に委ねる部分が多い。

最後に、物議を醸した?平山の交代について。 平山は、この日に限っては、京都戦やガンバ戦よりも良く動けていた。 だから、この試合でシュートを外したから、というより、最近の試合トータルでの判断だろう。 あの時点での交代のメリット・デメリットとも十分承知のうえ、敢えてあのタイミングで交代したはずだ。 果たしてショック療法が次に繋がるのかどうかは、蓋を開けてみなければ分からない。 そして、どのような結果であれ、その責任は取らなければならないのだが。

さて、今年のGWは、J2やJFLも、プリンス・リーグも、東京国際ユース選手権も観に行けていないが、家の用事とか、買い物やお客さまに来ていただいたりなど、充実している。

お世話になっている皆さまにもいずれ来ていただきたいな。

|

« ペナルティエリアの精度が問題なのか ガンバ大阪vsFC東京 4月24日(土) TV観戦 | トップページ | あと一歩!? FC東京vs仙台 5月5日(祝) »

FC東京2010」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

>先制点はオフサイドだったが
負け惜しみもたいがいに。
完全にオフサイドじゃない。
どこに目えつけてんだよ。

投稿: | 2010年5月 4日 (火) 15:36

名無し様
ビデオで見直しましたので、見解の相違ですね。
笛で不利になることも有利になることもある。負け惜しみのネタはならないことくらい、サッカー観る人ならお互い分かってますよね。

投稿: fct fan | 2010年5月 5日 (水) 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/48241309

この記事へのトラックバック一覧です: 東京サッカー(までもう少し) 広島vsFC東京 5月1日(土) TV観戦:

« ペナルティエリアの精度が問題なのか ガンバ大阪vsFC東京 4月24日(土) TV観戦 | トップページ | あと一歩!? FC東京vs仙台 5月5日(祝) »