« ACL敗退に感じる日本サッカーの先行き | トップページ | 総論と各論 FC東京vs清水 5月15日(土) »

2010年5月15日 (土)

重松が示した相手のギャップを生むはっきりしたプレー 山形vsFC東京 5月9日(日) TV観戦

清水戦直前なので、ちょっとだけ。

内容的には、それまでの広島戦、仙台戦などと大きくは変わらなかった。 差を分けたのは、はっきりやりきるプレーだったと思う。

一点目の羽生の縦、平山の戻し、松下のフォローとスルーパス、重松の抜け出し、そして角度のないとこからのシュート。 すべてのプレーに迷い、曖昧さが無かった。 それが相手の対応を遅らせ、ギャップを修正する時間を与えず、得点に繋がった。

二点目に繋がった重松の平山へのパスにしても、重松的には、一瞬持った後、平山がもっと楽にボールを受けられる"お膳立て"パスを出すことも出来たかもしれない。 けど、重松はダイレクトで、多少平山を走らせてでも、素早くサイドのスペースにパスを出した。 平山が走ってボールに追いついた時、相手DFを二人もサイドに引き連れていた。 おかげで、バイタルには広大なスペースが広がり、羽生はドフリーだった。

このとき、フリーだった羽生はトラップして狙うこともできたけど、そうすると相手DFのプレッシャーを受けるし、GKにも反応の間を与える。 結果的に、ダイレクトに打ったことで、相手に反応する時間を与えず、シュートも結果的に枠に飛んだ。 インタビューにもあったとおり、積極的にシュートを狙ったことが功を奏した。

一瞬の間、絶妙な塩梅と形容したくなるプレーも好きだし、決まれば美しいけど、そういうプレーは 味方にも分かりづらく、連動しにくい。 どんな時も、誰が出ていても、相手がどこであっても、ギャップを生じさせやすいのは、はっきりとしたプレー。

ところで、平山が仙台戦、山形戦とエリア付近でボールを持てている。 これが、相手CBのプレッシャーが弱いからか、それとも、平山自身が調子を上げているのか、にわかには判別しかねるが。

今ちゃんは大丈夫だったようでよかった。 過去に脳震盪したことがあったから心配していた。

さて、上向きの今、首位の清水を叩くぞ! 今から出発!

|

« ACL敗退に感じる日本サッカーの先行き | トップページ | 総論と各論 FC東京vs清水 5月15日(土) »

FC東京2010」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

>差を分けたのは、はっきりやりきるプレーだったと思う

おっしゃるとおり。でも、それが内容の「大きな違い」でっしゃろ(笑)。

投稿: murata | 2010年5月15日 (土) 12:09

murata様
突っ込み早っ!(笑

投稿: fct fan | 2010年5月15日 (土) 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/48362980

この記事へのトラックバック一覧です: 重松が示した相手のギャップを生むはっきりしたプレー 山形vsFC東京 5月9日(日) TV観戦:

« ACL敗退に感じる日本サッカーの先行き | トップページ | 総論と各論 FC東京vs清水 5月15日(土) »