« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の6件の記事

2010年7月31日 (土)

ポゼッション発動せず FC東京vs磐田 7月28日(水)

湘南戦後のエントリは、勇み足かな?と思いつつ、思い切って楽観的なタイトルにしたのだが、やはりちょっと早かったようだ。 肝心の中盤でのポゼッションがおぼつかなくなっていたのだから。

この日の東京は磐田のプレスを受け、なかなかボールを前に運べなかった。 かと言って、強風もあり、早めに前に入れてプレスをいなす意識も乏しかった。 主審がかなり流し気味だったことも、磐田のハイプレスにぴったりあった。 中2日が効いたか、全体的なキレもなかった。 結局、相手に狭いところに押し込まれてからの苦し紛れの展開がほとんどの攻撃になってしまった。

再開後3戦で気になっていたのは、梶山がプレッシャーを受けてない状態でボールを受けても、ワンタッチでCBに戻してしまうことが多いこと。 いくらCBに展開力があるとは言え、梶山に比べれば展開のクォリティは劣る。 梶山が前を向き、展開しなければ、なかなか攻撃のスイッチが入らない。 梶山が絡み、運ばなければ、なかなか危険な薫りのする攻撃にはならない。 身体の調子が良さそうだからこそ、より多くを期待したい。 この日も、ときどき唸らせるパスを出す。 リカが粘ったFKから、先制の大黒ヘッドを生んだクイックリスタートはさすがだった。

けど、直後、北斗のクリアミスをきっかけに、連続セットプレーから失点。 北斗は、アーリーもあるし、精度はともかくクロスを相手にぶつけずに蹴れるし、ボールを持ったときの突進力も(急には止まれないけど)なかなか。 ただ、守備やオフザボールのぼんやりした動きは残念。

大竹は、オフザボールの顔出しも改善しているし、運動量も増えているし、ディフェンスも頑張っているけど、十分な間合いを保ってボールを受け、そこからドリブルを始めようとするから、どうしても位置が低い。 なかなか怖さがチャンスに繋がらない。

赤嶺は、左からの展開に中であわせたけど相手に当たってしまったシュートに可能性を感じた。 調子は戻ってきている、とただただ信じる。

ナオは・・・、頭のイメージと実際の身体の動きがあっていないようで、見ていてかわいそうだった。 また調子は戻ってくるでしょう。

磐田は、斜めに走ったり、向きなおして反対に出したり、遅いけど丁寧な広島のような感じ。 怖さはないけど、よくまとまっている。 対策を打つとすれば前田だけど、そこの部分は十分できていたと思う。

平日の国立ということで職場の後輩を誘っていったこともあり、勝ちたかったんだけど、権田のセーブで勝ち点1を得た試合。 権田の反応は凄い。 マジで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

ポゼッションサッカー ver.2 湘南vsFC東京 7月25日(日) 

昨年の東京の鍵は、両CBとダブルボランチにキープ力のある選手を配置したポゼッション・サッカーだった。

今、懐の深さと器用さを併せ持つ大黒が入り、左サイドを庭にしつつあるリカも判断力と精度を向上させ、ポゼッションの流儀と実行力が前線にも浸透しつつある。

これは大きなターニングポイントだろう。

先制点。 リカが持ちすぎず、鋭いクロスを放つと、ニアで大黒が潰れ、ファーの森重が頭で決めた。 序盤から積極的にミドルを放っていた森重。 何故この場面ここにいたのか。 中盤のパス回しに参加する大竹と前後にポジションを入れ替え、左サイドで羽生、リカがタメを作る間に大黒の背後を上がっていった。

二点目。 今度もリカがゆったり持ち、走りこんだ梶山を経て、大黒が切り替えしたところを羽生がドスン。 羽生も余裕で上がってこれていた。 慌しくない、無理のない、精度を犠牲にしない攻撃。

三点目。 羽生の鋭いチェックでこぼれた球を赤嶺が拾いショートカウンター。 大黒にナイスパスを出して一対一を確実に決める。 これまでのゆったりした攻撃とは対照的に、今度は鋭い攻撃。 いろんな攻撃を使い分けられれば得点は増えるだろう。

失点は、阿部ちゃんの鋭い動き出しと、それを見逃さずロングボールを送った坂本のナイスプレー。 まぁ、こういうこともあるだろう。

森重はボランチ経験者だけあって適性あるなぁ。 序盤、持ちすぎて危なっかしい場面もあったけど、むしろギリギリを渡る余裕の表れというか。 それに比べ高橋はまだ初々しい。 回す意識は高かったけど、二つ先ではなく一つ先までしか見れていない様子。 実戦で最高のトレーニングになったのではないか。 徳永は、力強く、視野の範囲内では良いパスを出すけど、一方向に走り出したら止まれないような、柔らかさ、細かいタッチを柔軟性を欠いている。 (北斗も似たような感じだな。 国見の特徴という訳ではないだろうけど。。。)

そして羽生の動きが光った。 この人もボランチではなく、前目でより輝く。 この日はスペース埋めや、相手を引き付ける動きだけでなく、スルーパスを出すわ、上がって点は取るわ、対人守備でも厳しいところを見せるわ、90分間フル活躍。

終盤の選手起用は、前節の反省を踏まえた対応だろうけど、徹底しているというか、分かりやすいというか。 椋原と北斗は逆でもいいかもしれないけど、あの時間帯なら相手も早めにボールを入れてくるだろうから、その出所を潰したいという意図だろうか。

高橋くんは前述のとおり。 森重が90分できないとすれば、ボランチ起用もまだ磐石とはいえないかもしれない。 ヨングンも良かった。 長友という大きな穴が空きながら、それに気付かないほど、今後が楽しみになる試合だった。

余談

 2000年~2007年頃、たくさんJ2を観ていた。 中でも平塚は等々力の次にたくさん足を運んだ場所で、熊林、吉野智行、坂本、鈴木良和、加藤大志、佐野裕哉→佐藤悠介などの選手達には結構思い入れがあったりする。

理由は、自転車で小田急線に出れば都心を経由せずに早く行けること、駐車場が無料なことなどだが、戸田弟、アマラオ、小林弘記、松本、尾又、三田など、何かと東京絡みの選手達が多かったことも大きい。 (ペルー小池もいたんですね。 逆パターンは茂庭。) そして、今もジャーン、阿部、エメまで。 (松尾もかよ!)

そんな平塚で東京の試合を観るのは、昔の自分と対面しているようで、気恥ずかしさと嬉しさが相半ばする試合だったけど、やっぱり勝ち点3の嬉しさが一番大きい。

明日は磐田戦。 反撃の夏。 赤嶺の夏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

3歩進んで2歩戻る? FC東京vs神戸 7月17日(土)

眠らない街を歌って失点したのは、あるいは初めてではないかと思うのだが、実際はどうなのだろう? 途中、仲間との会話が勝った前提になっていたとき、ふと、嫌な予感が頭を過ぎったが、神戸との相性の良さ、試合後のセレモニーのこともあり、かき消したのだが。。。

たとえグダグダになっても、リードした試合を最後は勝ち切って締める、というのは既に去年、一昨年にクリアした課題だと思っていたけど、メンバーも変わり、いろいろとリセットされる中で、改めて課題として持ち上がったということか。 または、それぞれの動きや思惑が交差する中で起きた必然なのだろうか?

大黒には去年・後半の平山のようにボールがよく収まり、攻撃の起点となる。 しかも、動き直しの速さとトリッキーさで相手に容易にディフェンスをさせず、視野の広さで味方の動きを捕らえ、攻撃を引き出す。 ツートップの片割れはキレを増し、プレーもより自然になったリカとのコンビは早くも上々で、チャンスを作りだす。

一点目は、大黒の反転スルーパスからリカが抜け出し、シュート。 GKに弾かれたところを長距離を走った梶山が詰めて先制。 梶山は、前にスペースがあり、そこに味方選手がいないときはだいたいちゃんと走りこんでいる。 目立たない無駄走りがやっと報われた。 何より、中断前はとても痛そうで辛そうだったのが、体調がよさそうに見えたのが嬉しい。

二点目は、リカが相手2人を突破しセンタリング、ファーやや後方で合わせた大竹が決めた。 リカがサイドに流れた時、大抵は独力でプレーを終えられるので、SBは無理に追い越さず、むしろ後方か中でパスコースを作っておくが良いと感じた。 ダブルようへいが決めた上々の前半。

後半もチャンスがありつつ、神戸も短いパスよりも中長距離のパスを増やし、的を絞りにくくなり、攻め込まれる場面が増える。 

代表で改めて大幅に名を上げた大久保は、代表で叩かれていた頃から、Jの試合での動きのスムーズさ、相手のマークをかいくぐって再び顔を出す動き、理に適ったプレー選択などはとても怖い選手だった。 ただ、それでも何故かやられる気がしないのもいつもの大久保のこと。

そして交代。 3点目を目指すというメッセージは十分アリだし、調子がよく、小平でも結果を出していて、公式戦でも結果を出したい選手達が応えてくれる可能性もあった。

達也の動きは最高。 小平でも自分が見た甲府戦では別格の存在感だった。 ただ、ことミドルシュートの精度に関して言えば、結果論だがどんなに打ってもチャンスを潰すだけで、だったら、ファーのナオであれ、FWであれ、他の選手に譲れ、ということになってしまう。

大黒がポストとして良い動きをしている中での平山投入は、平山が前を向いてプレーできる=平山の破壊力が最も効果的に発揮できる展開になる、と思ったが、実際はそういう形は作り出せず、ロングボールに平山と大黒が重なって繋げなくなる場面が目立ってしまった。

そして、慌しい終盤に、余計なファウルや、さらに余計なハンドなどもあり、2点返されて終了。 神戸サポはとても少なかった。 たぶん味スタに来るアウェイサポでは一番か二番目に少ないけど、ハーフタイムも応援を続け、その執念が実った形だろうか。

SBの人選に関して言えば、北斗は福岡時代やワールドユースでSBでのプレーが多かったはずだけど、東京で実際のプレーを見るにつけ、プレーの勢い、突破力を生かすため、逆にプレーの迷いと足元の不安を消すため、後ろより前で見たいと思ってしまう。 松下は運動量豊富なところはSB向きだけど、対人のところに不安がある。 長友と阿部巧がいなくなり、層が厚いと思っていたポジションだが、徳永やユースの選手を含め、見直しはあるのだろうか?

そして塩田。 頭部はとても怖い。 権田もやっと全体練習に合流したところで、いきなりは難しいだろいうというところ。 暑い中だけど、とにかく乗り切って欲しい。

そして試合後の長友。 サングラスはてっきり泣き顔を隠すためのものだと思ったが、笑いを取るための小道具だったようだ。 いずれにせよ、過度な演出はなく、チームとして記念すべき日本人で最初の海外移籍を自然体で送り出すことができて良かった。 (前週の水曜日は川崎vs大宮を観たが、試合後のセレモニーはそれはそれはお涙頂戴な演出だったらしい。 それはそれで楽しめるが。)

長友はフィジカルの強さ、速さ、運動量という万国共通の尺度で測れる強みがあり、適応は比較的条件が揃っている。 好不調の差が少ないのも良い。 それでも、求められるレベル、クロスの種類・精度、駆引き、ピッチ外など、チャレンジも多いだろう。

レンタルの場合、2年目に先方に買い取りオプションが付くことが多いらしい。 1年目に活躍して、ビッグクラブに目を付けられれば移籍金が釣り上がるが、それをどういう風に分担するかは、レンタル元とレンタル先との交渉らしい。 果たしてどうなるか。

東京にとって良い結果になることが望ましいが、そんなことは関係なく頑張って、平坦な道ではないだろうけど、世界一のSBを実現して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

小平へ! 深川へ! (深川編) 7月9日(日)

日曜日は深川へ、2010年プリンスリーグ関東の最終節・三菱養和戦を見に行きました!

既に3連覇を決めているとは言え、クラ選でも当たる養和相手に勝ちたい。 そして、1-0の美学的な勝利。

R0014759

押されても崩されない、圧倒できずとも勝ちきる、勝負強さはすごいものがありますね!

R0014760


30戦無敗。 掴んだタイトルも数々。 他方、惜しいところで逃したタイトルも数々。 その瞬間は、勝った瞬間の嬉しさや、負けた瞬間の悔しさがこみ上げますが、変遷を振り返ると、総合的に本当に強くなったと思います。 (いつもワンパターンで恐縮です。)

ここ2年はユースの試合をあまり見ることができず、強くなったということを頭でしか理解できていなかったのですが、遅まきながらようやく実感できたような気がします。

チームも浅利さんをユース担当の広報として置き、力を入れています。 若年層の強化は、チームの、そして大学や他チームも含め、広くサッカー界の強化に繋がる。

良い仕事をしていると思います。

トップも今日、勝つ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

小平へ! 深川へ! (大混雑の小平編) 7月8日(土)

土曜日は小平に行ってきました。 いつもギリギリ(または遅刻)で行くことが多いところ、今回はかなり早めに行ったのですが、これが大正解でした。

新小金井街道を自転車で進むと、武蔵野苑沿いに開門待ちの人の列が!

長友・今野の凱旋、ポストワールドカップへの期待、青赤欠乏症・・・。 そして、長友を見る最後のチャンス?ということで、多くの人が小平に駆けつけたようでした。

R0014688

長友と今野登場!

R0014689

長友が挨拶。 移籍については決まったら報告すると。

R0014692

そして、今野に無茶振り!

R0014693_2

身体をくねらせて照れる今野。

R0014696

結局、今野はシャーはもちろん、「あつまれー」も拒否w

甲府との練習試合は、まぁ、中央大戦での11得点ということで期待値が高かったので、ややあれでしたが、新戦力もあり、怪我明けの選手もある中、歯車が完全に合っている訳ではないけど、それでもハッとするパス回しがあり、徐々にすり合わせて調子を上げていけばいいかな。

そして、長友サイン会の開始!

R0014699

凄い人数でした。 80mくらいの列が3重に。

R0014700_2

たぶん、1,000人というのは控えめな数字だったのでは? 甲府サポや他サポも結構いたり。

R0014706

大黒。 海外移籍とかあったけど、実力的には南アに立っててもおかしくない。 期待。 というか、やってもらわないと! やってくれるでしょう。

R0014707

モリゲ。

R0014708

梶山。 痛そうでなくて、ホッ。 (平山は撮り損ねた。)

R0014711

今ちゃん。

R0014721

その後、取材を受けてました。

R0014715

徳永。

R0014719

米本! 明るい表情で嬉しかった! 待ってるぜ!

R0014720

エジr・・・ いや、羽生。 ゴールを決めていました!

R0014722

ナオ! 怪我の状況は良いようです。 やっぱり凄い人気で、ずーっとファンサをしていました。

R0014724

重松。

R0014725

達也。 練習試合でのやる気が凄かった。 3本目では、一人レベルの違いを見せていた。

R0014728

塩田。 権田と高レベルの出場争い。 頼みます!

R0014729

草民と志有人くん。 志有人くんを見るのは初めて。 この日はボランチで、ボールにたくさん触り、出し入れしながらリズムを刻む。

R0014732

リカ。 1本目頭から出場。 移籍ネタはガセだったのか? 上手く、速くなっていた!

R0014733

大竹。 絞れて動きにキレが!

R0014734

赤嶺! 危機感はあるだろう。 再開後、ゴールラッシュを期待。 やれるはず。

R0014735_2

椋原! 北斗とポジション争い。

R0014737

ヨングン。

R0014739

ヨンドク。 若い・・・ 頑張れ!

R0014740

浅利さんは大人気!

R0014742

阿部伸。

R0014744

ニコニコの平出。

R0014748

高橋。

いよいよJ再開へ。 楽しみだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

プリンス・リーグ3連覇! 横浜F・マリノスユースvsFC東京U-18 7月4日(日)

日曜日はニッパツにプリンスリーグを見てきました。 そして、プリンス・リーグ3連覇を目撃してしまいました。 いやはや、強くなった・・・。

今年ユースの試合を観るのは3試合目(あとの2試合はプリンス・リーグ第8節桐光学園戦、クラ選関東2次リーグ第5節ジェフ千葉U-18 戦)。

いかにも倉又さんのチームらしい、上手さと規律と献身に溢れた良いチーム。 加えて、今年はチームとしてのまとまりも凄い。 強いはずだ。

もっとも、日曜は人よりもボールを動かすサッカー。 決して放り込みという訳ではないものの、人数をかけるよりも早めに前に入れて勝負。 味方の後方からの攻撃参加を引き出すようなパスは少なめ。 暑さから、意図的にそうしたのだと思う。 ポゼッションはF・マリノスが上回ったけど、崩せず、結局ロングボール中心。 得点こそ、オウンゴールによる1点だけだったけど、チャンスは東京の方がずっと多かった。

そんな中でも、暑さの中元気いっぱい走り回った18番江口くん、上手さを見せた10番佐々木くん、渋い活躍を見せた12番山口くんは印象的。 まだ高校生なの?という廣木くん、堂々たる松藤くんを中心としたディフェンスも高レベル。

ユースに詳しい方から凄いと教えていただいた武藤くんは病み上がりとのことで、今後調子を取り戻すことを期待。

それにしても、プリンスリーグ3連覇・・・。 今年大学を卒業した常盤、村田、永露などの代はまだT1リーグ。 プリンス・リーグ昇格なるか、2chの東京スレがそわそわしていたのを思い出す。 クラ選関東2次リーグでも、隣の三ツ沢陸上競技場で、ハーフナー・マイクのいるF・マリノスユース相手に健闘するも、勝ちきれなかった。 (ところで、この代のことをググってたら、立教に行った樋口選手は今年関東2部の東京海上日動火災保険サッカー部に入り、駒沢に行った伊藤龍選手はジェフ・リザから小山泰志と同じ東京23FCに入ったんですね。)

プリンス・リーグに再昇格した直後も、F・マリノスや市船あたりは完全に格上だったのに、今やFC東京U-18の方がすっかり強豪として定着している。

声出し応援も定着し、臨機応変で良い感じ。

この4~5年の間、着実に強化を果たし、強豪であり続けることによって、瞬発的な力や技術的な上手さだけでなく、持続的な力、真の勝負強さを生んでいるだと思う。 そして、何度か書いているけど、それは先輩達が築き上げて、積み上げてきたものの上に乗っているんだと思う。 この好循環を、トップも確立できるか。

何度見ても優勝の瞬間は良いですね! 特に今年は、選手達の姿から、本当にまとまりが感じられ、代表のまとまりと相まってジーンと来た。 それだけに、カメラと携帯を車に置いてきてしまったのが悔やまれる!

そして、今年こそ高円宮杯を!

ひとつだけ、Campione♪の口火は、スタンドではなく、選手達自身に切らせてあげるべきでは? と思うのですが、いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »