« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の4件の記事

2010年9月20日 (月)

大いなる挫折感と心からの感謝と共に 磐田vsFC東京 9月18日(土)

初年度のグアムキャンプで「ラブリーフットボール」に出会って以来、城福サッカーに魅入られた者として、この2年間、城福監督の元で戦う東京を誇りとし、タイトルに歓喜し、将来に希望を胸に膨らませ、何より城福サッカーと過ごす日々を楽しみにしていた者として、シーズン途中での解任という結果は痛恨の極みだ。

9戦勝ちなし、今シーズンホームでの勝利数わずか1、降格圏突入という状況においては、何より、城福監督の手で、久しく「城福サッカー」を実現出来なくなっていた状況では、こういう結果も致し方ないんだ、と納得するしかない。

無論、その責任は城福さんだけにあるのではない。 フロント、スタッフ、選手などにも大いに負う部分がある。 昨年のカボレの移籍に見られたとおり、希望に反した移籍もあったし、選手も、誰が監督とか、チーム戦術がどうとか以前の問題、慎重すぎるプレーや、反対に軽率すぎるプレー、想定しうるリターンに対して背負い込むリスクの大きさが理に合わないプレーが多すぎた。

けど、現場のすべての結果責任を負うのは監督の役割であり、ハイリスクな分、リターンも大きい訳で、フロント等とは役割・立場が異なる。 無論、フロント等にも改善が必要な部分はあるだろうが、現場に責任を押し付けているという批判は当たらないと思う。

今シーズン、怪我人が多く、なかなか思い通りのサッカーが出来ず、内容が良いときでも勝ち点に繋がらず、そうしているうちに内容も落ち、打開しようと選手のやりくりをしているうちに熟成が進まず、内容がますます落ちるという、まさに負のスパイラルに陥った。 上手く確実にやろうとする程、思いっきりや意外性が失せ、怖さがなくなった。

例えば、仮に東京に前田遼一がいたとして、果たしてあんなにボールが収まるだろうか? 後ろから出るボールを手前で受けるのか、裏に抜けて受けるのか、浮き球なのか、足元なのか、受け手と出し手の意図が合わなければ、動き出しが遅れ、相手よりも先手を取ることができず、より強い相手のプレッシャーを受けながらのプレーとなり、ボールを収めるにも遥かに苦労するだろう。

そういう共通認識は、あらかじめ決めておくことなのか、それともアドリブなのか。 両方の面があるだろうけど、いずれにせよ、連携とは生き物で、失敗と成功、コミュニケーションを繰り返し、擦り合わせることで、スムーズさを増すんだと思う。 逆に言えば、いつだって微妙にずれたり、大きく崩壊しうる。 (磐田だって、いつも前田やジウシーニョがあんなに機能していれば、あの順位にはいないだろう。)

今シーズン前、何かの雑誌のインタビューで、「チーム戦術」と「個人戦術」ということに関し、城福さんは、(確か)相手のボールホルダーに対し誰が寄せに行くのかということについては「個人戦術」として語っていた。 (引越しでその雑誌を見つけることができず、記憶はやや曖昧。) 個人的に、それがとても印象に残っていて、城福さんが個人に求める範囲が広いんだな、チームで決めておく部分が少ないんだな、と思った。

練習でも、多色ビブスを使ったミニゲームなど、個人の局面の判断を重視する練習が多く、「技術を見せろ」との掛け声が飛び、逆にパターンや、特定の形を極めようとする練習は少なかったと思う。 約束事は、物事をスムーズに運ぶのに役立つと同時に、それ以上・以外のプレーを生まない上限や制約にもなりうる。 U-16~17代表監督の頃の雑誌インタビューでも、各選手に常に最善の選択を求める趣旨のことを話していた。

そんな、あらかじめの約束事が少ない、純粋な城福東京のムービングフットボールでは、アドリブの質がゲームの質に直結するサッカーだった。 個々の選手が自らの能力を開放して思いっきりプレーすればするほど、質が上がり、結果も伴う。 去年のナオなどまさにそういう状態だったし、一時期の梶山は中盤で、平山は前線で、長友もサイドで無双状態になっている時期があった。 そして羽生がクレバーな動きでスペースを作ったり、味方をカバーし、今野やブルーノや米本がポゼッションでボールを落ち着かせ、チームとして噛み合っていた。

けど、一旦迷いが生じると、強みが一転、弱みとなる。 味方の動きを確認してから次のプレーに移る、思いっきりがなくなり、相手の先手を取れなくなり、相手の待ち構えているところに突っ込んでいくだけになる。 そんな時、選手達自身の力でも打開し得たはずだけど、そうならなかった。 (個人的には、この部分に藤山、浅利、モニ、金沢、佐原などの不在を感じてしまった。) 監督によるポジションの入れ替えもマイナスに作用しただろう。

ポジションの入れ替えは、怪我人を受けた措置であると同時に、2年前のカボレのサイド起用のような、新たな流れ・均衡を見つけるための試行錯誤だっただろう。 けど、見つけることは適わず、白星・勝ち点から見放され、ついに解任ということになってしまった。

磐田戦でも、なんでもないロングボールをアンカー森重の落しが相手にぴったり渡ってしまい、速攻を食らい、先制点に繋がってしまった。 センターバックかツーボランチかアンカーかによって、味方との位置関係が異なり、ボールを落とす位置も異なる。 森重自身が軽率だったけど、ポジションの入れ替えがプレーを難しくしていた面は否めなかった。 後半、相対的に慣れた4-4-2になり、ナオがうまく相手の最終ラインと中盤の間に生まれたスペースをうまく使えた時、ビューティフルゴールで1点返した。

後任は大熊さんの復帰。 当時とは選手も、周りの状況も、大熊さん自身も変わっているだろうから、どんなサッカーが見られるか、楽しみだ。 いずれにせよ、残留に向けて全力を傾けなくてはならない。 選手自身が冷静に判断できるようになるための精進、研鑽、自立・自律が絶対必要。

思い起こせば、数々の楽しい思い出に溢れた日々だった。 個人的には、城福東京の日々と結婚前後の日々がシンクロし、幸せな日々。

第一次城福東京は途中で挫折となり、大熊さんは大熊さんの色を出すだろうから、城福サッカーはお休みと言うことになる。

けど、城福サッカーの理想は色あせない。 いつか、FC東京は、城福さんの手による「城福サッカー」でリーグを制してアジアに行こう!

ありがとう! お疲れ様でした!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

もうこの状態を楽しんじゃえ! FC東京vs浦和レッズ 9月12日(日)

秀人がアンカーに入り、4-1-2-3のような、4-1-4-1のような形の東京。 サッカーはフォーメーションでやるものではないとは言え、デフォルトポジションによって、プレーエリアや相対関係が変わってくるのもまた事実。 ひょっとして、一昨年のカボレサイドのような打開策になるかも?と、ちょっと期待。

まぁ、この試合に関しては、ボールに触らなくても味方を活かし、形を作れる羽生はともかくとして、ボールを触ってこそらしさを発揮できる梶山だけでなく、怪我の羽生に代わって入った今野はそれに輪をかけて浮遊気味で、まだこれからという印象。 特に、相手ボール時のプレスや、守備から攻撃に転じた時の、アンカーの両脇の位置・役割がいまいちよく分からなかった。 今野の投入後、しばらくして途中から通常の4-4-2に。

とは言え、キープ力やひらめきのある梶山が少しでも高い位置でプレーできるようになれば、ゴールに近いところで有意な形が増えるのではないか。 また、もっとシンプルに、ワントップを狙ったボールを大黒が競り、あらかじめ走り込んでいた梶山がその落としをかっさらってラストパスやシュート、なんてシーンが増えればいいのだが。 終盤のパワープレー時に似たシーンがあったけど、そういうゴールに直結する形は、終盤以外にも用意しておいて良いと思う。

そう言えば、かつて流行語だったアタッキング・サードだけど、最近はさっぱり聞かれない。 けど、今こそそこの流れの整理が必要だと思う。 例え、あらかじめデザインされたプレーは、ムービングフットボールの本旨に反していたとしても。

レッズ戦は東京にとって貴重な収入をもたらすはずの試合なのに、観客は3万人を割る。 東京はもちろん、浦和もそのポテンシャルに比して情けない成績だからか。

味スタまで遠征するサポが減り、さらにそれ以上に声量が激減しても、相変わらず弾幕でウチの相手をして下さるのは、皮肉ではなく本当に有難い。 それに対してこちらがお返しできない状態なのは申し訳ないけど、ウチはネタや形式よりも、ノリや気分が優先なので、調子が良くなれば自然とおちょくりなんかが出てくるかもね。

まぁ、苦しい状況である。 勝ち点を伸ばせないうえ、怪我人も続出。 特に秀人は骨折とは・・・。 紅白戦すら満足に組めない。 最悪の展開が頭を掠める。

が、その分一試合一試合の重みは増す。 天国と地獄の分かれ目の、濃密な冷や冷やの連続を、心を一つに楽しもうではないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

残暑の天皇杯 FC東京vs駒澤大学 9月5日(日)

普段から練習相手の大学チームには事欠かない東京にとって、大学との対戦自体は珍しいものではない。 ついでに言えば、大勝することもあれば、大苦戦することもある。

この日も、どことなくぎこちなく受け身な東京Bチームに対し、動けるうちにリードしておきたいであろう駒澤大学が鋭く突っかけ、多くのCKを得、シュートを浴びせる。 やきもきする声も漏れる前半のスタンドだが、プロ・アマの「あるべき論」は別として、実力や実績的には、別に圧倒できなくても、さほど驚くことではない。

古い駒澤のイメージで、もっと高くてフィジカルなサッカーをやるのかと思っていたら、意外と小柄の選手が多く、前線とフォローがうまく絡むサッカーをやっていた。 ただ、勢いはあるけど、怖さはない。

東京では、平出(さん)や、秀人、ボランチ松下など、決して悪くはないが、レギュラー争いに割って入るほどのインパクトもないか、という感じ。

重松も相手の激しいぶつかりにめげず、何度も反転シュートを放ち、鋭いFKも放って頑張っていたけど、他方、ドリブルやパスはもっとやれるし、実際やっていただろう、と思う。

達也も、動きのキレは良いし、形がはまれば実力を発揮できると思うのだが、そこまで行く前にドリブルが迷走気味。

その中で、個人的に目を惹かれたのは草民。 弱いパスを奪われるなど、細かいミスはいくつかあったけど、軽いフェイントを入れ、ドリブルで相手に突っかけて行く姿勢が良い。

フェイントもドリブルも、それ自体は大したプレーではない。 けど、最初から相手を抜く意識だから、動きに淀みが無く、それだけでドリブルコースを作り、ボールと共に前進する。 たとえ、相手を抜ききれなくても、少しでも有利な状況で次のパスを出せる。 その繰り返しが、相手を押し下げ、より良い形を作り、チャンスとなる。 もちろん、横パスがいつも悪いわけではなく、空いたスペースを突いたり、相手を揺さぶるのは良い。 が、最近の東京は前に相手が一人でもいると、いつも横に出すばかりで、なかなか相手のブロックや急所に切り込んでいかない(セレッソ戦後に家長にもずばり言われていた)シーンが目立ったので、草民のプレーにウキウキした。 個人的に物足りなかった部分を草民が持っていたのは嬉しい発見だった。

さて、後半。 2列目・大竹と左SB・平出に代わり、羽生と徳永が入り、松下がSBに。 特に、羽生のスペースを埋める動き、味方をカバーする動き、セカンドを狙う動きが素晴らしく、攻撃に一本芯が入ったかのようになる。

そして、平山が削られて得たFKを松下が直接決めて先制。 良かった良かった。 さらに、右サイドで徳永、椋原が絡んだ後のボールを拾った羽生が鋭いアーリー。 それを走りこむ平山が合わせ、2-0。 守備も塩田、モリゲ、秀人が踏ん張って完封。

次のギラヴァンツ北九州戦@何故か前橋に駒を進める。

天皇杯の楽しみのひとつは、普段と違うメンバー(と書いちゃうと、ベストメンバー規定的にマズイ?)や、J2、JFL、地域リーグなど、普段と違う相手との対戦が観られること。

ただ、去年からJチームも2回戦からすることとなり、加えて今年は過密カレンダー。 あまりの過密日程ゆえ、都道府県代表が出揃ったのはつい前週。 プログラムに都道府県代表の記載はなく、1回戦はつい二日前に実施。 対戦相手の駒澤大学は中二日での試合を余儀なくされたが、仮に一回戦でヴェルディユース が駒澤大学に勝っていれば、金曜夜西が丘で天皇杯一回戦、土曜午後は札幌・厚別で高円宮杯第一次ラウンド、日曜夜は味スタで試合、と数千キロのサッカーの旅になったそうだ。

さらに言えば、二回戦で俗に言うジャイアントキリング、アップセットはほとんど起こらず、真夏の暑さの9月で、天皇杯を勝ち残っているのは早くもほとんどJクラブという、決して悪いことではないが、何の面白みもない状況に。 こういう無味乾燥な展開を前会長は望んでいたんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

行ってきました 神戸vsFC東京 8月28日(土)

行ってきました 神戸vsFC東京 8月28日(土)
行ってきました 神戸vsFC東京 8月28日(土)
行ってきました 神戸vsFC東京 8月28日(土)
週末は神戸に行ってました!

神戸も東京と変わらぬ暑さで、北野などの坂のある場所は敬遠。ハーバーランドや旧居留地でゆっくりし、90分の明石大橋手前までのクルーズを楽しみました。

海から見ると、山の近さがさらに目立ち、関東にはない地形・景観を実感しました。

また写真を載せます。

さて、試合はスコアレスドロー。組み立ててチャンスのひとつふたつ手前くらいまではいくものの、なかなかシュートを打ち切れず、決定機に出来ない。シュートが相手によく当たるのは、いかにフリーで打ててないか、タイミングが相手の予測どおりかと言うことだろう。

アタッキング・サードでの動きを整理する必要があるが、これまでの経験からも、急な改善は難しそうだ。

フリーで打ててないと言うことは、スペースを生かすサッカーが出来ていないと言うこと。

去年の良いときは、ナオがキレキレでわずかなスペースでも有効に使い、(本人の感覚的にはスペースを使うと言うより、イメージ通り動いたらそこにスペースがあった、と言う感じかもしれないが。)
また、ナオが切り開いたスペースを他の選手も使えていた。
何より、ナオや他の選手に動く間を与えるタメを平山が作っていた。
今はそのどれもが失われている。

勝ち点が降格圏と並んだ今、やり方を大幅に変える必要があるのか。それもひとつの方法だと思う。
ただ、別に戦術変えるとか変えないとか、誰をどのポジションで起用するかとか、どのくらい頑張ったかとかも重要なことだけど、どんなサッカーをやろうと、その手前で改善できることがたくさんあるのではないか。パスコースに顔を出すとか、スペースがあったらそこを突くとか、速く縦にボールを運ぶとか、確実にキープしてから次の動作に移るとか。
やれることをやるだけで、変わってくると思うのだか。
きないのは結果が出ないことによる焦りからか。悪循環。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »