« 多摩川クラシコだから FC東京vs川崎 11月20日(土) | トップページ | ポストW杯の主役! FC東京vs山形 11月27日(土) »

2010年11月26日 (金)

ごめんね梶山 名古屋vsFC東京 11月23日(祝)

101123_142201

新王者・名古屋のホームに乗り込む15位・残留争い真っ只中のFC東京。

しかし、そこは世界に冠たる戦力均衡が進んだJリーグ。 上位と下位に決定的な差はない。 シーズンで差を分けるのは、①基本の徹底、②規律・秩序の植え付け、③好不調の波の抑制。 それらに基づく勝負強さ。

長年、下位に低迷し、その後、良い選手を揃えても「帳尻合わせ」だの、「中位力」だの言われていた名古屋が強くなったのは、ストイコビッチ監督が入ってこれら3つの条件を満たしたからだ。

何しろ「選手に要求するのは、ハードワークではない。スーパーハードワーク。」 名古屋の基本の徹底については、以前こんな記事を書いた。 そこに闘莉王が加わり、GMまで厳しく、親会社がカイゼンの本家と言えば・・・、強くない方がおかしい。

火曜のFC東京戦でも、例えば、CBからSBの足元に出すパスは、徹底して速い。 緩慢なパスだと、パスが届くのを待ってる間にSBは相手のプレスを受けてしまう。 そうならないよう、次の動きで先手を取れるよう、速いパスが徹底されていた。

ただ、この日はダニルソンがおらず、相手の薄いところを狙う早めのパスが出ない。 金崎がおらず、相手のギャップを突く動きが少ない。 精度は高いものの、意外性のあるプレーは少なく、結局パワープレイ頼みとなり、怖さが減退していた。 当然、優勝決定後ということも大きかっただろう。

それにしても梶山。 ここ数試合、運動量はあるものの、特にパス精度が悪く、川崎戦でも高めの位置で不発。 トップ下で出るという事前の報道にも、確信を持てなかったのだが、そんな予想を覆す活躍。

確信を持てなかった理由は、梶山を高い位置に置いても、①相手に囲まれ、さすがの圧倒的なキープ力を発揮できないこと、②奥にスペースが足りず、展開力を十分発揮できないこと、③(脚の不安で?)シュートをなかなか打た(て)ないこと。

けど、問題は位置の高さではなかった。 相手がガッチリ守ってるところに上がった場合、確かに①~③の制約は大きい。 けど、最初から高い位置にいれば、相手は少なく、スペースもある。 そして梶山は存分にらしさを発揮した。 ごめんよ、梶山。 君の能力を分かっていたつもりだったけど、まだ過小評価していたようだ。 (そうさせた、草民の天皇杯は凄かった。)

最後に、交替選手について。 結果的にみんな良かったと思う。 達也は、キープ力はないけど、相手と無理に競り合うより、早めに位置取りを修正して、セカンドボールを取れる場所に顔を出してよくボールを拾っていた。 重松も果敢なチェイシングで相手の勢いを削ぎ、そして、前俊ののらりくらりとしたプレー。 不思議なボール奪取やキープで相手のリズムを崩し、まさに試合から熱を奪う仕事をやってのけた。

泣いても笑ってもあと二試合。 まだ何も決まっていないが、確信はある。

信じて、信じるだけ。 明日決めよう。

|

« 多摩川クラシコだから FC東京vs川崎 11月20日(土) | トップページ | ポストW杯の主役! FC東京vs山形 11月27日(土) »

FC東京2010」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/50133105

この記事へのトラックバック一覧です: ごめんね梶山 名古屋vsFC東京 11月23日(祝):

« 多摩川クラシコだから FC東京vs川崎 11月20日(土) | トップページ | ポストW杯の主役! FC東京vs山形 11月27日(土) »