« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の4件の記事

2011年2月28日 (月)

開幕まで1週間!(その1) 青赤なオフ会 2月26日(土)

昨日は第4回青赤なオフ会でした。 初めての方、常連の方、新社長と新常務、ライター・メディアの方々など、50名近くの方々が参加されました。

既に参加された方々のツイッターやブログでご覧になった方も多いと思いますが、新社長のご挨拶、後藤勝さんの秘蔵?グッズ大放出、切り絵のご披露、そしてプレゼント、ムトーさんの東京マラソン出場前夜祭など、例年に増して盛りだくさんな会になりました。

新社長からは、選手一人ひとりは同じパーソナリティではない、それぞれの個性を発揮するとともに、自律して力を発揮して1年でJ1に復帰するんだという力強い言葉がありました。 お帰り際には、人生初シャーを披露していただきました。

後藤さんからは、ダンボール3つ分のユニ、Tシャツ、マフラーなどを提供いただき、中には貴重な古い東京ユニや、海外クラブのシャツやマフラーも。 じゃんけん大会で、皆さん、何かはお持ち帰りいただきました。 けど、四国アイランドリーグのものがあったのは謎だ(笑)。 あっ、メルマガ、入ります。

個人的には、記者の方から伺った新キャプテン・今野の話しが心に残りました。 代表での自信、いつも口にしてきた"成長"の意味、そして残留と今シーズンに向けた覚悟など、東京ファンという立場を超えて、今野の決意が良い結果となることを願わずにはいられません。 詳しいことをお知りになりたい方は、直接お伝えしますね。

つるさんの名司会と気配り、ぞのさんの準備や運営もあり、すっかり開幕前のイベントとして定着した感があります。 お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

第4回青赤なオフ会!

今年も開催するとのことです! 2月26日(土) 19:00~@明大前リブリです。 こちらこちらもご覧ください。

第1回目のことを思い出すと、リブリのぞのさんや見る前に跳べのmirumaenitobeさんと、サポ間の信頼を醸成する足しになったらいいよね、なんて話しながら開催することになりました。 当時、ネット上での発信と言えばブログがメインだったので(匿名の2チャンネルや交流がメインのmixiを除く)、ブロガーオフ会ということになりました。

第1回第2回、第3回(はアップしてませんでした;)

今はtwitterが浸透して、他サポも含め、サポ間の交流を貫く横串になっています。 グルメやフットサル系のオフも頻繁に気軽に開催されるようになりました。 facebookも急速に広まっています。 そんな状況を踏まえ、前回からはブログを開設しているとか、twitterやっているとか関係なく、どなたでもいらしてください! ということになりました。

思い出すと、自分自身もたくさんの方とこの会で出会いました。 その中には妻になる人もいます。 また、アウェイなどで飲む仲になった方や、いろんな飲み会やツイッターでお世話になっている方もいます。
フロント、メディアの方もお越しになるようです。 開幕前にいろいろ話を聞いたり、伝えたり、新たな繋がりを見つける、かなり良い機会になるんじゃないかな、と思います。 そして、参加して人にとって何か良いことやきっかけがある、そんな会になるんじゃないかな、と思います。

ご参加の連絡は直接お店にご連絡いただくか、見る前に跳べかこちらのコメント欄へお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

小平での練習試合など!

年チケが送付されたり、スタッフのペーニャ訪問もあったり、他クラブのPSMがあったり、開幕が近いことを実感。

今年はJ2での戦いということに目を奪われがちだけど、やはり社長と強化部長の交代というのは、チーム始まって以来の大事件。 チームの屋台骨が揺れた一大事と言える。

そんなとき、東京ガスをバックに置くことは、ベンチャー的な勢いを欠くかもしれないし、普段、都民への浸透やクラブの自立などの面でマイナスに感じることもない訳ではないけど、こんな"非常時"にはありがたいことで、阿久根氏というアマチュア野球界で実績のある大物を新たなトップに据えることができた。

スタッフの話からも、チーム内ではモチベーションに溢れている様子が聞け、選手・スタッフ・サポの"自律"によって、2004年に一旦途切れた"右肩上がり"を、再び新たに構築できるチャンスかもしれない。

あと、プロ野球・横浜の森本云々という報道がありましたが、あれは誤報で、あんな被り物を推奨したこともなければ、選手がそのように捉えていることもないということでしたので、一安心。。。

他方、今日小平で観た試合自体は、決して褒められるような内容ではなかった。 ボールを貰ってからプレーを考えている様子で、展開が遅れがちになる。 すると、どうしても相手のプレッシャーを受けながらのプレーになってしまい、相手ゴールに向いたプレーができず、怖さが半減する。

逆に、大竹が相手と競り合いながらもゴールに向かってドリブルしたシーンでは、相手も後手に回り、左サイド谷澤もフリーでクロスを上げ、平山のドンピシャゴールが生まれた。

闇雲にオートマチックにプレーすることが良い訳じゃないけど、もう少し早く前に運んだり、プレッシャーを受けても横や後ろに出すだけでなく、抜いたり縦に出したり出来ないと、守る相手をこじ開けるのは辛いだろうなぁ、と思う。

ともかく、本当に様々な意味で新しい東京。 J2を楽しんで一年で卒業しよう。 そして、J全クラブから勝利を上げる唯一のクラブになろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

東京都クラブユースサッカーU-17選手権大会決勝 2月11日(祝)

遅まきながら、今年初ポスト。 滞っていたのはブログだけでなく、サッカー観戦自体、天皇杯決勝以来です。 (選手権やインカレも行けませんでした(涙)。)

その間、日本はアジアを制し、長友は世界一のクラブに移籍し、デビュー・・・。 チェゼーナに行ったのも、大昔のような気がします。

さて、西が丘で行われた、いわゆる新人戦と呼ばれるU-17選手権。 ヴェルディ相手に、苦しい戦いを強いられながら、2006年以来の優勝!

冷たい雪が降る中、熱い戦いが繰り広げられました!

Imag0043

例年、春先はヴェルディに先行を許すことが多いですが、この試合でも、ヴェルディの選手達のコンパクトな守備、プレスを受けながらの打開力に、何度も唸らされました。 特に、左サイドのアタッカーの8番の選手の突破力、ボランチの10番の選手の視野や展開力に感心。

けど、東京も粘り強い守りと、読みの鋭いのボールカット、そしてカウンターで対抗! 何より、決定的な場面も身体を投げ出してゴールを死守したDF陣、決して甘いコースでなかったPKを見事止めたGK馬場君は、本当に殊勲でした。

そんな中、やはりU-18Jリーグ選抜に選ばれた橋本拳人君の、広いエリアをカバーし、ボールを絡め取る守備は絶品でした。

最終的に、2-1で勝利!

Imag0046_2

今年もまとまりが感じられて、好印象なFC東京U-18。 去年獲れなかったタイトルに向け、頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »