« このサッカーと付き合っていく覚悟 FC東京vs富山 5月8日(日) | トップページ | ヤバダバドゥー草民! FC東京vs湘南 5月22日(日)、京都vsFC東京(TV観戦) 5月28日(土) »

2011年5月15日 (日)

東京の不幸なミスマッチ 草津vsFC東京 5月14日(土)

去年の降格の原因を、チームは「自立」の欠如と見立てた。 ちょっとピンチになると途端に冷静さを失う選手達、降格した後も倒れたまま起き上がれない選手達を見て、自分もそのとおりだと思った。

だから、今年、「自立」に向けて立ち上がる選手達を支持したいと思った。 サッカー的にも、上から指示された形どおりにプレーするのではなく、個々の局面で選手たちが自ら最適なプレーを選択し、打開していくという城福さんから大熊さんに引き継がれたサッカーを支持したいと思った。

今野も、自分に足りないものを見つけるため、敢えてJ2で戦うことに決めたと聞き、その心意気を応援したいと思った。

けど、今のところ、見事なまでに裏切られている。

小平では、相変わらず選手の声が小さく、フィールドプレーヤーが指示することも、要求することも少ない。 怒りを表すのもせいぜい塩田くらい。 試合では、規律を感じさせないプレー、セオリーや選手の特性を無視した展開が繰り広げられ、10人になってからや、終盤になってから、やっとチャレンジしたり、リスクを負ったプレーをする。 そして、昨日の試合の終盤、CKの時にGK権田が前線に上がる姿を見るに到って、それまでも薄々と感じていたことことが、確信に変わった。

このままじゃ「自立」なんてとても無理。 このままじゃとても戦えない。 戦うのが選手である以上、選手が変わらなきゃ・選手を変えなきゃいけないけど、30人がまとめて変わる・30人をまとめて変えることなんて不可能。 となると・・・。

さて、昨日の試合。 降格クラブがJ2のやり方に四苦八苦するというより、普通に力負けだった。

これまでの対戦チームが、早めから引いてスペースを消してくるのに対し、草津は外国人ツートップを筆頭にプレスを仕掛けてくる。 リアクションが積極的なだけでなく、ボールを持った後のアクションも、ラフィーニャをどう生かすのか、明確な意図が伝わってきた。 ゴール裏芝生席の傾斜が緩く、逆で何が起きているのか、いまいち分からなかったけど、相手が真っ向から向かってくる試合展開が新鮮で、前半の45分は短く感じられるほど面白かった。

東京にしても、序盤からチャンスは作れていた。 谷澤が消え気味、達也が焦り気味で、徐々に流れを失ったけど、上里の低く早いクロスなど、これまで東京ではお目にかかれないプレーもあったり、個々のパーツではそれなりに楽しめた。

けど、チームは徐々に規律を失い、時間の経過と共に状況は悪化する。

セザーは、何戦か前の相手と競っただけで倒れてしまう状態よりはマシだった。 けど、低い位置から相手に囲まれながらドリブルさせるしか使い方がないのか。 そんな訳ないだろう。

ラフィーニャは、1点目はDF1人との駆けっこを制して、2点目は十分予測できるパスを受け、フリーでシュートを打てたけど、セザーは(セザーだけじゃないが)だいたいQBK状態。 チーム自体が行き当たりばったりだし、例えば、梶山なんかも相手だけでなく味方も騙すパス(※)が多い。 シュート本数が多い試合でも精度が落ちるのは当然。

(※)絶対出せないはずなのに何故か出せてしまい、味方が準備できていない。 高度だけど結果に繋がりにくいパス。

もっと言えば、仮に今の状態のラフィーニャとセザーを入れ替えても、両チームの内容は大して変わらないだろう。 例えば、「放り込みサッカー」だって、誰が競って、どこに落として、それを誰が拾うのか、ちゃんと意思疎通ができていないと機能しないのと同じように、FWを生かすのだって、いかに仕事しやすい状況を作るのか、そのためにどう動いて欲しいのか、チームとして意思統一がなければうまくいかない。 外国人なら尚更だ。

そして、この場合の意思統一とは、必ずしもあらかじめ約束事を作ることとは同じではない。 例えば、マンチェスター・ユナイテッドのサッカーを見ていて意思統一を感じるけど、それは事前に「こういうパターンでやりましょう」と、アンデルソンやギグスが打ち合わせた結果というより、それまでの様々な蓄積や経験、味方や相手の癖などを踏まえ、プレーしながら瞬時に生まれるものだろう。 そして齟齬があれば、要求し、修正する。

東京の場合も、城福さんの頃から、特定の形や事前の約束事を求めなかった。 コンセプトを示したり、意識を植え付けるようなキーワードはあった。 また、うまくいかないときに、カボレを左サイドに張り出させるなどの療治を施すことはあった。 けど、特定の約束事を置くことはなかった。

今年も各種小平レポートを読む限り、基本的に同じ。 違うのはそのための方法。 城福さんは多色ビブスなどの基礎トレーニングにより、選手達の発想・アイディアを引き出そうとしたのに対し、大熊さんは、特定のシチュエーションを想定した練習により、選手達に場慣れさせようとした。

けど、冒頭に書いたとおり、それは功を奏していない。 選手達はやっと試合中話し合うようになっているものの、まだプレーが変化する兆しはない。 そもそも、根本的なミスマッチがあるのではないか。

大熊さんの本質は「部活サッカー」。 ポゼッション志向のチームを率いて結果を出す実績はない。 他方、チームには城福さんの時代からのポゼッション志向の選手達がいる(実際に向いているかどうかはともかく)。 端的な例を示せば、城福的には 「森重>茂庭」かもしれないが、大熊さん的には「茂庭>森重」だろう。 そんなチームを引き継いで、大熊さんとしても居心地が悪いだろうし、向いてないだろう。

去年、西京極で降格が決まった翌日、こんなことを書いている。 (J2なんてららーらーららららーらー 京都vsFC東京 12月4日(土): fct fan

で、来年の東京はどうなるのか。 城福流ムービング・フットボール? それ以外のやり方? やりたいサッカーの画を描いたうえで、それに合った選手を揃えることができるのか? または、チームに残る選手達に合ったサッカーがどういうものかを描き、指導できる指揮官を据えることができるのか?

サッカーの方向性すら描けていないのだとすれば、来年の東京は、ペトロビッチ広島、ネルシーニョ柏と比べても低い位置からのスタートとなる。 セ レッソのクルピはJ2・1年目途中で就任したが、そこから順調に強化が進んでも、昇格は翌年だった。 東京もチーム作りのスタートで躓けば、1年での復帰は難しい、というのが現実的な見方だと思う。

懸念したとおり、監督、選手達のミスマッチが生じ、チームが目指すサッカーがぼやけてしまっている。 その原因は諸々あろうだろう。 自分も思い当たるところがあるので、またいずれ書きたい。

今の選手達やチーム状況からすれば、選手達に具体的な指示を出し、上から押さえつけるタイプの指導者が必要なのではないか。 オフトやトルシエのようなタイプの。 ただし、あくまで繋ぎとしてだけだが。

例えるならば、オシム(城福)のやり方を引き継ぎ、自分のカラーをうまく出せず苦労する岡田(大熊)。 東京に長谷部はいるのか? いなければ、どうするのか?

|

« このサッカーと付き合っていく覚悟 FC東京vs富山 5月8日(日) | トップページ | ヤバダバドゥー草民! FC東京vs湘南 5月22日(日)、京都vsFC東京(TV観戦) 5月28日(土) »

FC東京2011」カテゴリの記事

J2」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

梶山はボランチに戻した方がいい気がするけど、代わりに誰かいるのかと言われるとね。

あと梶山のパスを見たり、感じたりして受けようとするから騙されるのですw 自分からもらいたい場所に走って、ボールを呼び込むのが重要かと。その動きは見えてると思うんだよなあ…

投稿: いおぞう | 2011年5月15日 (日) 13:27

>いおぞう様
味方が動いたら、元の位置に届いちゃうこともありますよね(笑)。
この異能をどう結果・勝ち点に結びつけるのか、こんなに難題だとは思いませんでした。

投稿: fct fan | 2011年5月16日 (月) 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/51674178

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の不幸なミスマッチ 草津vsFC東京 5月14日(土):

« このサッカーと付き合っていく覚悟 FC東京vs富山 5月8日(日) | トップページ | ヤバダバドゥー草民! FC東京vs湘南 5月22日(日)、京都vsFC東京(TV観戦) 5月28日(土) »