« 力を発揮する方法 FC東京vs札幌 4月30日(土) | トップページ | このサッカーと付き合っていく覚悟 FC東京vs富山 5月8日(日) »

2011年5月 6日 (金)

10人の戦いをきっかけに! 東京VvsFC東京 青赤の日

J2とは言え、東京ダービーと言うことで、思いのほか埋まり、盛り上がりを見せるスタンド。 けど、かつてのように無邪気に楽しむのを阻む感覚を覚えるのは、自分だけだろうか? J2ということもあるけど、それ以上に、もはやアングラ感覚で好き勝手やることを、時代が許さなくなっているように感じる。 寂しいけど仕方ない。

そして、試合はと言えば、ブーイングに溢れた札幌戦よりもさらにギクシャクしたサッカー。 組み立てでFWと他の選手との距離が離れ過ぎていて、パスが通っても高松は孤立し、セザーは踏ん張れず、なかなか前への推進力が生まれない。 かと言って、裏へのパスもFWの動き出しと連動しない。 梶山のチャレンジパスは待ち構えた網にかすみ取られる。 徐々に選手達は安全一辺倒となり、チャレンジしなくなる。

こぼれ球をヴェルディに拾われ続け、巧の裏を狙われ、ポゼッション・チャンス数・シュートでも劣勢に。 けど、ヴェルディもせっかくのチャンスにミスが多く、とても去年後半勝ち点を多く稼いだチームには見えない。 寂しいピッチ上。

ドリブルやセットプレーのある大竹や、小平で好調の北斗よりも、達也、谷澤、羽生などが使われる理由のひとつは、ボールを持っていない時の動きの質の差だと思っているのだが、最近は、基本4-2-3-1の博実時代にたまに4-4-2をしたときのようにトップ下が薄い。 羽生は本来の味方を生かす動きが見られず、達也は運動量は豊富なものの、前線か横に張り過ぎ。 そしてボールを持つとフィニッシュを過度に意識し、可能性の低いプレーが増えてしまう。 その積極性を買いたいのは山々だが。。。

苦戦が続くダービー。 挙句、セザーが2枚目のイエローで退場。 けど、その後むしろ東京が盛り返すのだから、サッカーは分からない。

セザーが悪かったのは確かだ。 前の「蓋」が取れ、選手間の距離感が良くなった面もある。 けど、それより大きいのは他の選手達の動きが良くなったこと。

例えば、椋原も、それまでは(そして札幌戦でも)相手のチェックをちょっと受けただけでバックパスに逃げていたのが、10人になってからは果敢に縦に仕掛けるようになった。 椋原へのパスがより早い段階で入るようになり、仕掛けやすくなった面もある。 要は意識が変わったのだ。 椋原だけでなく、他の選手も。

すると、攻撃のテンポがアップし、パスコースやドリブルコースが塞がれないうちに次の展開が可能となり、相手ゴール前に迫れるようになった。 たとえ繋げなくとも、ファウルを誘ったり、味方ボールのスローインが増えた。

果たして、10人になるまでのように、ひたすらセーフティーでやるのがベンチからの指示なのだろうか? そうだとすれば、ベンチに再考を求めたいが、10人になって、お尻に火が付いてから選手達が勇気と積極性を見せたと考えるのが自然だろう。

大熊監督の元で行われている今のサッカーを積極的には評価できないし、選手達にやる気を出させるのも監督の仕事と言われればそのとおり。 けど、稀代のモチベーターたる城福前監督の頃から全力を出し切ることが難しかった選手達。 次の監督が来ても変わらないと考えるのが自然だろう。 監督を変える前に、まず選手達が本気を出さないと始まらないと思うのだが。

また、連携や形が見えないという点についても、分かりやすい形がすべてではないと思う。 例えば、鹿島のサッカーにはキャッチフレーズは付かないけど、いろんな形で対応し、一番安定した成績を残している。 東京も、少なくともJ2においては、まずは横綱相撲を目指すべきであり、小平ではそのためのトレーニングが行われていると思うのだが。

最後に試合後の事象について。 一部ゴール裏の人間が狼藉を働いたこと、警備にも不可解なことがあったことは確かのようなのだが、正確なところはわからない。 どんな真相があるにせよ、公表されたことが全当事者(場合によっては警察やリーグも含めて)が認めた事実であり、善し悪しはともかく、それ以上でも以下でもない。 納得がいかなければ、特ダネを抜いて真相を暴くか、被害者が被害届を出して裁判で決着することに期待する以外にないのではないか。 憶測で物事を書いたり、それ以上の対応をチーム等に求めることは、余計なことであるばかりか、風評被害や二次被害を招くだけで。

|

« 力を発揮する方法 FC東京vs札幌 4月30日(土) | トップページ | このサッカーと付き合っていく覚悟 FC東京vs富山 5月8日(日) »

FC東京2011」カテゴリの記事

J2」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/51588295

この記事へのトラックバック一覧です: 10人の戦いをきっかけに! 東京VvsFC東京 青赤の日:

« 力を発揮する方法 FC東京vs札幌 4月30日(土) | トップページ | このサッカーと付き合っていく覚悟 FC東京vs富山 5月8日(日) »