« 遅れて来た本命 FC東京vs岐阜 7月17日(日) | トップページ | 焦らないで思い出語りモードに 北九州vsFC東京 7月30日(土) »

2011年7月26日 (火)

訳あって勝ってます FC東京vs熊本 7月24日(日)

金曜日、休みが取れたので小平行ってきた。

そこで目にしたのは、熊本を想定した指示を繰り出す大熊。 それも、単に長沢やファビオの高さに警戒、などという通り一遍な指示ではなく、後ろの誰が入れてくるか、どんなタイミングで入れてくるのかなど、グラウンドに出る前の座学で説明したと思われるかなり細かい内容。 根占やエジミウソンなんて名前も聞こえた。

いつも城福さんとの比較で恐縮だけど(それだけ城福さんをひとつの理想像として認識しているということで)、城福さんが誰でもどんな場面でも通用する原則を追い求める真理追究型だとすれば、今の大熊さんは、リアリスティックで状況対応型。 (それは、サッカーのスタイルと言うより、指導の方法や試合への臨み方という意味で。)

で、その成果と言えば、相手の高さを封じただけでなく、チームとして機能したプレス。 ボールの出所、最終ラインにもプレッシャーをかけ、相手に有効な手を打たせず、ミスを誘い、セカンドを拾った。 特に、セザーと羽生に、谷澤(または草民)の前線3枚が絡み、さらに、梶山や両SBが圧力をかける。 それでもこぼれてきたところは秀人に加え、CBも前から摘む。 相手にとっては疲れが溜まり、こちらは気持ちよく回せる展開になった。

全体として、余裕を持ってボールを保持できるから、サイドも相手の先手を打って上がっていける。 自信を持ってプレーできているから、思いきったプレーを選択でき、躊躇なくプレーをやりきれる。

個々の選手で言えば、相手との差を生じさせる選手は、両CBや徳永もいるが、筆頭は羽生だろう。 縦パスを引き出す飛び出しやスペースへ の顔出しなどの気の効いたプレーだけでなく、危険に的確に対応するプレス、本当に危ない場面での果敢なプレーなど、本当に味わい深い。

また、徳永のシュートにせよ、アタッキングサードでの落ち着きにせよ、北斗の中途半端に終わらない切れ込みにせよ、自信が根拠となって、元々持っていた能力を発揮できているということだと思う。

(余談だが、それに比べると、試合勘に劣る椋原などは、動き自体は決して悪くはないものの、結果を出したいという気持ちが、①無理な上がりや攻め急ぎを生 み、②味方と重なった状態やプレッシャーを受けた状態でプレーせざるを得ず、③難しい・成功率の低いプレーを余儀なくされる、という悪循環だと思う。  SBとして、自分が良い形を作ろうとするより、味方が作ってくれた良い形にいかに関わり、良いクロスやパスを出せるのか、ということを考えるべきだと思う。 椋原の出場直後、右サイドで草民がボールを奪われた場面は、椋原が草民を追い越すよりも、バックパスを受けられる位置にいた方が、攻撃を継続 でき、相手のカウンターもなかっただろう。)

今、選手達は見るからに自信を持ってプレーしている。 そのように、自分達の能力を引き出して結果を出すということは、昨年できなかったことであり、ひとつの成長、自立へのステップだと思う。 今後、逆境に遭ったときにも、同じように自分達の能力を引き出して結果を出せるかどうか、次の課題だろう。

今はただ、この楽しい流れを継続したい。

|

« 遅れて来た本命 FC東京vs岐阜 7月17日(日) | トップページ | 焦らないで思い出語りモードに 北九州vsFC東京 7月30日(土) »

FC東京2011」カテゴリの記事

J2」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/52308399

この記事へのトラックバック一覧です: 訳あって勝ってます FC東京vs熊本 7月24日(日):

« 遅れて来た本命 FC東京vs岐阜 7月17日(日) | トップページ | 焦らないで思い出語りモードに 北九州vsFC東京 7月30日(土) »