« 絶賛J2中! 水戸vsFC東京 6月25日(土) | トップページ | ロードに(ノロノロ)乗って 町田vs金沢 7月16日(土) »

2011年7月 6日 (水)

勝って兜の・・・(ry FC東京vs鳥取 7月2日(土)

鬼太郎、ルーカス、長友、花火と、今年1番の華やかさに溢れた試合。

こういう時になかなか勝てない東京だったが、今年はJ2。 素の実力差を示して3-0で勝った。

J2初年度の鳥取はもっと慎重な試合運びをするかな、と予測していたら、ツートップが前線からプレスをかけ、最終ラインも高く、コンパクトさを維持。 後半になってもなかなか出足が止まらない。 J2歴の長い他の多くのクラブと比べても意欲的なサッカーをやっていた。

まぁ、メンバー的にも、服部、美尾、吉野、戸川、ウメツァ、阿部祐大朗など、例えば岡山あたりと比べても経験豊富で豪華だし、勝ち点もそれなりに稼いでいる。 (そりゃ、スズケンも小澤も残れないよな。 その点、控えGK井上敦史は懐かしかった。)

5連勝ということで、セットプレーの改善や秀人の成長など、良い点が目立つけど、ここでは敢えて気になる点を書きたい。

まず、モリゲの縦パス。 水戸戦はまずまずだったけど、岡山戦、鳥取戦と、足元パスもフィードも、あまり繋がっていない気がする。 東京にとって怖いのはカウンター。 そのカウンターを防ぐポゼッションの肝だから、大事にしたい。

あと、特に左サイドの北斗に顕著だけど、SBの上がりが早過ぎること。 もちろん、スペースがあればそこを突くのは良いのだが、相手がガッチリ守っている時も同じようにしても、味方とポジションが被ったり、味方の蓋になったり、数的優位を作るどころか、ポジション的に死んでいるも同然になる。 むしろ、しっかりトライアングルを維持し、後ろにパスコースを保持しておいた方が、ポゼッションに繋がる。 そのあたりの判断の質を上げたい。

草民は相手に警戒され、なかなか相手の重心の逆を突くドリブルができない。 いかに自分の良さを発揮するのか、新たな壁を越えなければならない。

最後に良かった点をひとつ。 徳永の調子を見るバロメーターのひとつは、斜め後ろから相手のチェックを受けたときの対応。 自信がないときは止まってしまい、バックパスに逃げるが、自信があるときは構わず突き進む。 J2と言うこともあるのだろうけど、最近は積極的なプレーを見せることが多い。 さらに、トラップのときに軽いフェイントで相手の寄せを牽制して間合いを作ったり、なかなか洒落てきているじゃないか。

|

« 絶賛J2中! 水戸vsFC東京 6月25日(土) | トップページ | ロードに(ノロノロ)乗って 町田vs金沢 7月16日(土) »

FC東京2011」カテゴリの記事

J2」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/52115401

この記事へのトラックバック一覧です: 勝って兜の・・・(ry FC東京vs鳥取 7月2日(土):

« 絶賛J2中! 水戸vsFC東京 6月25日(土) | トップページ | ロードに(ノロノロ)乗って 町田vs金沢 7月16日(土) »