« 東京変身? FC岐阜vsFC東京 8月7日(日) | トップページ | ここから先が監督の腕の見せどころ 栃木SCvsFC東京 8月21日(日) »

2011年8月15日 (月)

右右左 FC東京vs草津 8月13日(土)

北九州を参考としたか、はたまた、ホーム勝利の自信からか、リトリートは選択せず、前線から激しいプレスを仕掛けてくる草津。

それに対し、東京は、こちらもいつもどおり、三列目、四列目の繋ぎから、相手の隙を狙って、縦パスを入れたり、サイドをドリブル突破したり。

最近、時々目にするのは、例えば、梶山がドリブルで斜めに上がって行くと、反対サイドから、例えば、草民がクロスするように走りこみ、チェンジするシーン。 相手からすると、守りにくく、攻める側からすると、低リスク。 徐々に、単純なワンツーなど、意図を感じさせつつ、型に当てはめるのではなく、いろんな場面で応用できる攻撃が増えたのは、個人的には良い傾向だと思う。

ただ、この日は、いつもにも増してセザーがサイドに寄り(元々サイドアタッカーらしいし)、羽生がポストになるのは厳しく、中の縦パスの成功率が低かった。 こちらがボールを回している時、相手のプレスが厳しく、ボランチまでもが前に出てきたけど、その分、その後方の相手DFラインとの間に広大なスペースが生まれることが多くて、草民とか、誰かがそこに顔を出せばいいのになぁ、と思った。 岐阜戦後に東京のサッカーが多彩になっていると書いたけど、まだまだ多彩になる余地はあるのは、ある意味楽しみ。 まぁ、このあたりは、選手のアイディアやプレーの正確性の領域だろうけれども。

結果的にPKの一点だけだったけど、ウノゼロで守り通すのは問題ない。 タイトルの右右左というのは、セザーの蹴ったPKの方向。 キーバーも、岐阜戦、草津戦と右(キーパーからだと左)に飛んでいるね。

若干疲れ気味だけど、夏に失速するのは例年のこと。 少しだけ気になったのは、終盤、守りきるのかどうか、とてもディテールの部分で、綻びに繋がりうるプレーが見られたこと。 あと、ナオと達也という交代カードは、本来、とても贅沢なのだが、試合展開をアップテンポにしてしまい、チャンスもピンチも増やしてしまう。 負けている場面とかには心強いけど、逃げ切りの場面には・・・。

まぁ、贅沢なレベルの心配で、監督もそんなことは百も承知のうえ、それでも守りきれるし(実際、守りきっているし)、投入して試合勘を持たせることの方が大事ということであれば、十分理解できる。

|

« 東京変身? FC岐阜vsFC東京 8月7日(日) | トップページ | ここから先が監督の腕の見せどころ 栃木SCvsFC東京 8月21日(日) »

FC東京2011」カテゴリの記事

J2」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/52477859

この記事へのトラックバック一覧です: 右右左 FC東京vs草津 8月13日(土):

« 東京変身? FC岐阜vsFC東京 8月7日(日) | トップページ | ここから先が監督の腕の見せどころ 栃木SCvsFC東京 8月21日(日) »