« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の4件の記事

2011年8月22日 (月)

ここから先が監督の腕の見せどころ 栃木SCvsFC東京 8月21日(日)

木曜の夜は東京サポ系の餃子飲み会、土曜は我が家に仲間を招いて皮から手作りの餃子パーティー、当日も朝から行列して餃子屋を3軒ハシゴ。 食べた餃子は都合100を超えるだろう。 これだけ万全を期しても勝てないのか。。。 (←関係ない。)

冗談はさておき、相手の狙いにまんまとはまって、負けてしまった栃木戦。 一失点はミスをかっさらわれカウンター。 失点シーンでやられたのは秀人だったけど、直前に梶山も同じようにやられていた。 二失点目も、スローインから一気の速攻。 それ以外ではやられようのない形で失点し、実際やられそうな薫りも無かった。

負け惜しみになるのだが、栃木というか松田監督は、もっと能動的なサッカーをやるだろうと思っていて、また、それだけの力があると思っていたのだが、蓋を開けてみれば、最近の他のクラブと同じ戦い方で、プレス(およびプレスバック)からの速攻だった。

まぁ、ロボやサミアは、今野や森繁に対し、ボールをキープできないまでも、球際で粘り、東京に簡単に繋げさせず、クリアに追い込んでいた。 それで東京のリズムが崩れた面があったと思う。 けど、他クラブとの違いは、一言で言えばやることが意思統一されて、やりきったかどうかだけ。 うちと当たったときの北九州や昨日の栃木はそれができていた。 それで結果を出すのがJ2なのだろう。 (ついでに、G裏やバックよりもメインの野次が凄いのも北九州と一緒だった。 J2の傾向?という訳ではないだろうけど。。。)

あと、困ったときにはパウリーニョが預け先になって、中盤に落ち着きとタメを与えていた。 まぁ、昔のセレッソのファビアーノファビーニョの誤りです(ファビーニョは攻めでも凄かったけど)や、シャムスカ大分のエジミウソン・ホベルトみたいなもので、いなくなると・・・諸刃の剣なのだが。

東京の攻めは、セザーがいなくルーカスということで、ロングボールがやや多めだったものの(まさかここで平山・高松用のパターンが見られるとは)、いずれにせよゴール前には運べ、そこから先で渋滞が多いという意味では同じ。 ペナルティエリア付近でもワンツーなどで相手DFの逆を突こうとするのは良いのだが、勝負がシュートよりも、パスに偏重し過ぎ。 決定機を作ろうとするあまり、むしろ手数が増え、結果的に石橋を叩くような慎重な攻めとなってしまい、怖さを欠いた。 終了間際に1点返しただけで敗戦。

相手GKやDFの堅守にも阻まれたが、ここ数試合そういうシーンが続いている。 無論、J2のGKのレベルが上がっているのもあるだろう。 けど、シュートが相手GKに当たってしまうのは、GKに予測されているところやGKが反応できるところに撃っているからという面もある。 実際、相手DFラインや味方がゴチャゴチャしているところから撃っても、GKが待ち構えていた、ということが多い。 また、押し込み過ぎて、かえってシュートコースが限定されてしまうことも多い。

崩すことももちろん大事で、精度を上げていかなきゃいけない。 加えて、相手DFを拡げた後、相手DFが絞りきる前にDFの間を突く、相手DFを一方のサイドに引き付けた、逆サイドに戻りきる前に仕留めにいく。 場面に応じてそういう攻撃ももっと見たい。

多彩になってきた攻撃パターンを整理して、生かしていくこと。 そして、守備→攻撃の組み立てで、相手のプレスバックに対応すること。 明確になってきた課題にどう対処するか。

シーズン序盤の不調時、自分的には問題は監督より選手にあると思っていた。 監督の指示やチームの戦術がどうであれ、選手としてやらなきゃいけないことができていないと感じていたから。 けど、今この時点では、ここからがまさに監督やスタッフの腕の見せ所だと思う。 果たして。

最後に、梶山はかつての課題だった運動量を克服し、今やむしろよく走る選手になっている。 今シーズンは得点に絡むことを意識して、相手DF裏やゴール前にもよく顔を出している。 けど、ゴール前にいてもシュートを撃たなければ怖くないし、撃っても相手DFに当たってばかりでは意味がない。 次は上がりのタイ ミングや質を上げていかなければいけない。 また、中盤でも緩いパスを相手選手に狙われるシーンが目立つけど、逆に、相手選手の足が止まっているのに、やたらに強いパスで味方のトラップが乱れることもある。 梶山の抜群の上手さが味方にとって分かりやすい・やさしいプレーに生かされる時、梶山が海外に移籍できる時だと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

右右左 FC東京vs草津 8月13日(土)

北九州を参考としたか、はたまた、ホーム勝利の自信からか、リトリートは選択せず、前線から激しいプレスを仕掛けてくる草津。

それに対し、東京は、こちらもいつもどおり、三列目、四列目の繋ぎから、相手の隙を狙って、縦パスを入れたり、サイドをドリブル突破したり。

最近、時々目にするのは、例えば、梶山がドリブルで斜めに上がって行くと、反対サイドから、例えば、草民がクロスするように走りこみ、チェンジするシーン。 相手からすると、守りにくく、攻める側からすると、低リスク。 徐々に、単純なワンツーなど、意図を感じさせつつ、型に当てはめるのではなく、いろんな場面で応用できる攻撃が増えたのは、個人的には良い傾向だと思う。

ただ、この日は、いつもにも増してセザーがサイドに寄り(元々サイドアタッカーらしいし)、羽生がポストになるのは厳しく、中の縦パスの成功率が低かった。 こちらがボールを回している時、相手のプレスが厳しく、ボランチまでもが前に出てきたけど、その分、その後方の相手DFラインとの間に広大なスペースが生まれることが多くて、草民とか、誰かがそこに顔を出せばいいのになぁ、と思った。 岐阜戦後に東京のサッカーが多彩になっていると書いたけど、まだまだ多彩になる余地はあるのは、ある意味楽しみ。 まぁ、このあたりは、選手のアイディアやプレーの正確性の領域だろうけれども。

結果的にPKの一点だけだったけど、ウノゼロで守り通すのは問題ない。 タイトルの右右左というのは、セザーの蹴ったPKの方向。 キーバーも、岐阜戦、草津戦と右(キーパーからだと左)に飛んでいるね。

若干疲れ気味だけど、夏に失速するのは例年のこと。 少しだけ気になったのは、終盤、守りきるのかどうか、とてもディテールの部分で、綻びに繋がりうるプレーが見られたこと。 あと、ナオと達也という交代カードは、本来、とても贅沢なのだが、試合展開をアップテンポにしてしまい、チャンスもピンチも増やしてしまう。 負けている場面とかには心強いけど、逃げ切りの場面には・・・。

まぁ、贅沢なレベルの心配で、監督もそんなことは百も承知のうえ、それでも守りきれるし(実際、守りきっているし)、投入して試合勘を持たせることの方が大事ということであれば、十分理解できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

東京変身? FC岐阜vsFC東京 8月7日(日)

俺の徳永ユニのデビュー戦で、徳永ゴールが決勝点となって勝ち点3! それだけで満足だったけど、観光的にも満足だった岐阜遠征。 暑かった~!

前週の北九州遠征も楽しかったけど、いろいろ詰め込みすぎてやや疲れたので、岐阜では、岐阜城と長良川温泉だけに絞る大人旅行。 岐阜城からの眺め、長良川温泉十八楼で長良川のせせらぎを聞きながらのんびり日帰り温泉。 楽しかった~! 癒された~! スタグルメも良かった~!

さて、試合。 暑さ、疲れ、バイオリズム的な流れなど、確かに一時の好調さに陰りはあるけど、逆に強さを実感した試合だった。

それは、悪いなりに勝てているということだけではなく、戦術も個々の局面でのパターンも、東京がかつてないほど多彩な形を見せつつあるということ。

中盤で刻みながら狭いスペースを繋いでいったり、一本で裏を狙ったり、前線・中盤が入れ替わって飛び出したり。 ここ数試合、具体的な得点シーンを思い出しても、本当に様々な形があった。 そして、それぞれの形をそれなりに消化している。

セザーの突破、ルーカスに合わせるボール、草民の相手を食いつかせて打開するドリブル、谷澤の飛び込み、梶山のパス・アンド・ゴーから前線に顔を出す動き(そして谷澤や草民のカバー)、高橋の(無闇に上がるのではなく)セカンドや跳ね返りを拾う意識とシュートなどなど。 そして、そのいずれの場面でも馴染む羽生。

最たるものは徳永だろう。 以前だったら、縦に突破してクロスか、中に切れ込んでからどうするか迷うしかなかったのが、今は、中盤でのパス回しに参加したり、アーリーを入れたり、マイナスパスを折り返したり、切れ込んでシュートしたり・・・。 さらには、代表・韓国戦で香川の先制点を産んだ遠藤のラストパスのようなパスを出したり・・・。

さらに、ナオ、達也も復帰し、永里と坂田まで。。。 サイドから切り込んだり、自分で持ち込んで狙うタイプに加え、裏に抜けて貰うタイプが揃った。 (大竹については、改めて書きたい。)

無論、J2だから自由に出来ていて、もしこれがJ1だったら思うようにはいかないかもしれない。 さらに、攻撃の多彩さが、必ずしも毎試合の結果に繋がるとは限らないし、かえって戦い方のまとまりを欠く場合もあるかもしれない。

この日の岐阜戦でも、崩された場面はほとんどなかったけど、ポコッと穴が空き、ロングシュートを狙われる危ないシーンがあった。 もしかしたら、北九州戦と岐阜戦の違いは、岐阜戦ではバーが弾いたシュートが、北九州戦では入っただけだったのかもしれない。 (北九州は確かに良くまとまった戦いぶりだったけど、逆に言えば、岐阜との違いはそれだけだった。)

それでも、過去、東京がこれだけ攻撃のバリエーションを得たことはなかったし、大熊監督の時代にそうなったことに、少なからず驚いている。 あとは、確実に勝ちきる集中力や、先制を許しても慌てず力を発揮するメンタル。 個々の力はJ1でも十分通用するものを持っているのだから。。。

さて、前回に引き続き、思い出モードに。 長良川に来るのは2007年3月、2008年3月以来、3回目だったけど、過去2回について。

最初は、岐阜がJFLに上がった初年度のアルテ高崎戦。 小峯は出ていたけど、アマラオは出ていなかった。 試合は岐阜の勝利。

2回目はJ2初年度の徳島戦。 この試合も小峯が出場し、岐阜が勝利。

と、自分が観に行った時は勝つことの多い岐阜。 今週は千葉に勝て!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

焦らないで思い出語りモードに 北九州vsFC東京 7月30日(土)

○試合について

現在調子の良い北九州の粘りの前にチャンスを決められず、逆に自信を与え、ゴラッソを決められ負けてしまう、まぁ、サッカーにはありがちな試合。 リードを許した後も、何かが足りないことは確かだけど、それが致命的な問題とは思わない。 ガクッと落ち込む精神的な脆さも、特には感じなかった。 (無論、強さも感じなかったが。)

北九州では、FW池元、トップ下安田が良かったのは実力的に当然として、長野の良さに驚いた。 背番号4のとおり、元々DFで、福岡やヴェルディにいた頃はちょこちょこ出ていたけど、この日は前線でボールをきっちり収め、池元に出すパスも洒落ていて、しっかりどころか、かなり良い感じでFWしていた。

また、下がり過ぎる訳でもなく、闇雲にボールの出し手にプレスを仕掛けてかわされる訳でもなく、ボールが受け手に渡ったところを狙うディフェンスもうまくはまっていた。 特にMDPにも載ってなかった入団したばかりの29キムジョンピルが中盤で効いていた。 もっとも、何度も同じファウルを繰り返し、審判も注意していたのに実際にイエローが出るのが遅すぎだったけど(※)。

東京としては、引いた相手であれば、そこを羽生がフリーランでかく乱し、相手にギャップを生み、そこに谷澤が突っ込んで来たり、梶山がスルスルっと上がって行ったり、セザーがドリブルで切れ込んだりするのだが、北九州のように引かない相手に対しては、羽生の動きを活かしづらく、ボールを持ったときの体格の差ばかりが目立つ結果となってしまった。 そのあたり、走ってリズムを作る羽生と、ボールを刻んでリズムを作るルーカスとを、うまく使い分けられれば良いのかもしれない。

久々に大竹をまとまった時間見ることができたけど、きちんと相手を抜ききったり、味方に繋いだり、彼自身としての形は作る。 ただ、左足に持ち直す一瞬の間や、保持するのか戻すのか予測しづらさで、周りの味方の足が止まってしまう。 このあたりは彼がピッチ上で頑張るよりも、自分はこういうプレーをするということを、練習やコミュニケーションを通じて普段から周りにアピールしなければ、なかなか上手く回らないような気がする。

まぁ、全体としてこの試合で心配することはない。 今後の対戦相手も北九州の戦い方を参考にするかもしれないけど、そうそう簡単に上手くはいかない。 怖いのは、監督・スタッフも、選手も負けを引っ張ってしまって、自らバランスを崩すことだけ。 ちょっとしたボタンの掛け違いをきっかけに大きく崩れるのもありがちなこと。 (2006年のルーカスPK失敗からの連敗など。) 今回は踏ん張ってみせて欲しい。

最後に、小倉グルメは美味しかった。 ありがとう、「やってみるさ」のちょうぬ!

(※)ファウルに関して言えば、メインスタンドの北九州サポは笛にナーバスになっていたけど、ファウルの基準は明確で非常によかったと思う。 東京に笛が あまり吹かれなかったのは、単に今野、モリゲが上手すぎるだけ。 サポの反応という面では、東京も、遠方アウェイでは、サイドチェンジが成功したくらいで は、味スタのように「おぉ~」という声は上がらない。 本当に効果のあるプレーにだけ反応している。

○思い出話にお付き合い下さい(その1)

本城に来るのは2008年の6月、11月以来3回目。 その頃、ギラヴァンツはニューウェーブで、JFL昇格した初年度。

6月の試合はHonda戦。 ロスタイムまでリードしながら、最終プレーで追いつかれてしまった。

11月は北九州の試合ではなく、地域リーグ決勝大会。 長野、ロック、かりゆし、バンディオンセが対戦した。 たった3年前だけど、長野、ロックは現在JFL、バンディオンセは関西リーグ、かりゆしは・・・。

○思い出話にお付き合い下さい(その2)

Twitterにも書きましたが、ギラヴァンツのヤス監督、池元と言えば、ちょっと思い出があるので、ブログにも再録させていただきます。

池元で思いだすのは2006年の地域リーグ決勝大会予選ラウンドCグループ@高知・春野。 FC岐阜、MIOびわこ草津、カマタマーレ讃岐、静岡FCが決勝ラウンド進出を争った。

ここで活躍したのが、大会直前の緊急補強でニューウェーブ北九州からFC岐阜に移籍した池元。 池元は主力だった森山、片桐以上に活躍してJFL昇格に貢献。決勝ラウンドはFC東京のアウェイ大分戦の隣で行われたので、現場で目にした東京サポも多いのでは。 哲さん小峯吉田小島などベテラン揃いだった岐阜にとって、この年昇格を逃していたら運命が異なっていたんじゃないかな。

高知・春野に来ていたのは@LQO_GO_AWAYさんなど、少しだったけど、後から本を読んだら宇都宮徹壱氏も来ていたらしい。 そして現地で見かけたのが、当時ヴェルディから柏フロントに移った小見氏。 翌年、池元は柏へ移籍。小見さんが池元の活躍を見て引っ張ったんだろう。

ちなみに昇格候補と目されていた静岡FC。 しかし、岐阜・MIOに破れ、予選ラウンドで敗退。 その後、紆余曲折を経て藤枝MYFCと統合。 2006年当時静岡FCの総監督を務めていたのが現ギラヴァンツ監督のヤスだった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »