« 2連続大勝の見立て 愛媛vsFC東京 9月17日(土) | トップページ | 連勝中の伸び代 FC東京vs北九州 9月28日(水) »

2011年9月28日 (水)

試合の流れを生み出せ! FC東京vs横浜FC 9月25日(日)

CKから幸先良く先制し、その後、押し込むものの追加点がなかなか取れない。 1失点で凌ぐ相手は切り札・フランサを投入し、揺さぶり始める。。。 相手の狙いどおりの展開? 正直、嫌な感覚を覚えた。

けど、その先の展開は嬉しい誤算だった。 相手のギアチェンジを見計らったようにナオを投入。 そのナオが「大人」だった。 いや、大人だったのはナオだけではなかった。

前がかりになった相手に対し、相手の戻りを待つのではなく、素早いカウンターを仕掛ける。 つい、数試合前まで、危険な横パスを狙われ(奪われ)続けた梶山が、このシーンでは相手のプレッシャーをルーレットで華麗にかわすと、前に運んで確実にキープし、さらに一気に前線へロングパス。 走り込んだナオは、悪いときは一人で無理に打開しようとするけれど、このシーンではタメを作ると中でフリーの羽生にパス。 羽生は一瞬左に視線を送り、対面のDFの意識をそちらに向けると、次は逆に右にステップし、シュートコースを作り、ミドルを蹴り入れた。

さらに、畳み掛けるように、横・横・縦・縦と相手を揺さぶり、羽生のパス・アンド・ゴー、梶山の楔パス、ルーカスのポストから、最後はパス・アンド・ゴーから走り込んでいた羽生が再び決めた。

愛媛戦の後も、状況に応じた試合運びが出来ればいいな、という趣旨のことを書いたけど、この試合では、J's GOALのレポートで馬場さんも書いていたとおり、選手どうしが話し合い、ここは守りきるとか、ここは相手に攻めさせてカウンターとか、試合展開を読んで掴むだけでなく、ベンチも含め、試合の流れを作り出せていた。

もちろん、いつも思い通りに行くわけではないけれども、コントロールしようとする意思が、集中力の向上、状況に合ったプレーにつながり、様々な場面に対応できる判断力を生んでいくんだと思う。

試合運びという意味で、今シーズンここまでではベストゲームだったと思う。

最後に、椋原の左足クロスが急激に向上していた笑った。 あと、徳永のバーに当てたシュート、惜しかったなぁ。 この日の午前中、2番ユニを来て運転免許を更新しました♪

|

« 2連続大勝の見立て 愛媛vsFC東京 9月17日(土) | トップページ | 連勝中の伸び代 FC東京vs北九州 9月28日(水) »

FC東京2011」カテゴリの記事

J2」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/52849474

この記事へのトラックバック一覧です: 試合の流れを生み出せ! FC東京vs横浜FC 9月25日(日):

« 2連続大勝の見立て 愛媛vsFC東京 9月17日(土) | トップページ | 連勝中の伸び代 FC東京vs北九州 9月28日(水) »