« いいところもそうでないところもひっくるめて FC東京vsファジアーノ岡山 10月16日(日) | トップページ | 骨のある戦い 鳥栖vsFC東京 10月23日(日) »

2011年10月23日 (日)

青赤の歴史に1ページ 横浜FCvsFC東京 10月19日(水)

あんなに身震いするような瞬間は、去年のW杯デンマーク戦以来だったかもしれない。

ロスタイム、ナオのボレーがネットに突き刺さる。 ナオもシュートの瞬間冷静でいられたとか、周りが見えたと言っていたけど、スタジアムもテレビの前の東京サポも、一瞬一瞬がコマ送りのように。。。

時間がだんだんなくなってくる中、今までだったら性急なプレーや雑なプレーが時間の経過と共に増え、去年の最終節に至っては、後半早々から放り込み(それも、意図の感じられない)になってたけど、この試合では、なかなか決まらなくても、雑にならず、チームとしてやりたいこと、客観的にもやるべきことをやったことが、結果としてナオのゴールに繋がった、と思う。

なんて、冷静なこと言ったって仕方ない!

ナオが結婚!? 子供!?(計算が・・・) なんて話が出て、KAGOSHIMA戦や岡山戦では、本人はもちろん、周りもナオに取らせたいように見える瞬間が見えた。

そして、苦しんだこの試合の、誰のゴールでも良いからとにかく1点が欲しいその瞬間に、あんなに鮮やかなボレーで決めてしまう。 そして、たっぷりの時間で、選手もサポもゆりかご。 きっとスポーツバーや自宅のTVの前でも、みんなゆりかごをしていただろう。 目に浮かぶ。

ナオは持っている! ナオは持っている!! ナオは持ってるよ~!!!

この試合は平日に行われた2部リーグの一試合に過ぎないかもしれない。 けど、僕らにとっては、ナビ決勝×2や、川崎戦(5-4)やガンバ戦(3-2)の逆転勝ち、アマラオラストin柏&丸亀、東スタこけら落とし、そして、僕は知らないけど、J1昇格を決めた試合や、JFL時代に天皇杯で平塚に勝った試合とかにも匹敵する、もしかしたら超える試合かもしれない。

アマラオといえば、この日アマラオが監督を務める東京23フットボールクラブ(東京都1部)が、並み居る地域リーグ勢にも勝ち、全社を制したらしい。 それを聞いて、アマラオTシャツを着込んでいった。 ナオとアマ。 

今年の夏、飲み会などで頻繁にお世話になっている東京サポの方に案内していただき、東京23フットボールクラブの練習を見たことがある。 とあるフットサル場の一角で、周りでは一般の人もフットサルをする中、東京23フットボールクラブの選手たちが練習に励んでいた。 アマラオが戦術を説明するが、とても実践するスペースなどない。 おそらく東京ガス時代よりも厳しい環境だろう。 けど、悲壮感など全然感じなかった。 それが、きっとFC東京に通じるものかもしれないものだと思った。

さて、今は羽田。 ノリに乗っている鳥栖との上位対決が一サッカーファンとしてとてつもなく楽しみだ。

けど、東京サポとしては絶対ここを制してくるぞ!

|

« いいところもそうでないところもひっくるめて FC東京vsファジアーノ岡山 10月16日(日) | トップページ | 骨のある戦い 鳥栖vsFC東京 10月23日(日) »

FC東京2011」カテゴリの記事

J2」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/53060888

この記事へのトラックバック一覧です: 青赤の歴史に1ページ 横浜FCvsFC東京 10月19日(水):

« いいところもそうでないところもひっくるめて FC東京vsファジアーノ岡山 10月16日(日) | トップページ | 骨のある戦い 鳥栖vsFC東京 10月23日(日) »