« 2012年新体制、そして新たなトーキョーへの期待 | トップページ | ファンサカ Week 2 »

2012年3月 4日 (日)

J1 Prologue Fuji Xerox Super Cup 柏vsFC東京 3月3日(土)

J1チャンピオン対天皇杯チャンピオン。

これまで縁遠かった大会に当事者として出場。 (勝てば3,000万円、負けても2,000万円の賞金。)

明大前や吉祥寺で行われた開幕前イベントに参加していたのだが、ほぼトーキョーワッショイさんの予想どおりのスタメン。

最終ラインは左から太田、森重、徳永、椋原。 いろんな意味で注目の徳永のCB起用だったけど、強さ、高さ、寄せ、繋ぎの面で及第点だったと思う。 むしろ、椋原の右SBが良かった。 上がるタイミング、クロスの精度、味方との連携。 しばらくは、これが最終ラインの基本ユニットになるか。

ボランチは、梶山とアーリアではなく、去年と同じ梶山と高秀コンビ。 秀人がフォアリベロ的なのは去年と同じ。 対して、梶山は、去年は一旦預けて飛び出し、フィニッシュに絡む場面を増やしていたけど、昨日はボールを出し入れし、ゲームを組み立てていた。 (ポポビッチ監督は流れに応じて、双方が同様にできることを求めているようだけど。)

そして、トップはルーカス、千真のツートップではなく、ルーカスのワントップにアーリアがトップ下。

さて、試合。 練習試合では、ボールを収め、パスを出し、フィニッシュまで全部やってしまっていたというルーカスが相手CBとボランチに厳しく挟み込まれ、ボールを収められない。

ただ、J1王者・世界4位相手でも、回すことは出来ていた。 さらに、アタッキング・サードでの工夫も向上していた。 具体的には、去年は、繋いで相手を押し下げても、なかなか裏に出なかったのが、昨日の試合では何度か裏に抜け出せる場面があった。 アーリアのアイディアは面白い。

ただ、前に進んでも、中央の相手が堅い位置で、ゴールを向いて良い形はなかなか作れせてもらえなかった。

TJ、北嶋がレアンドロ・ドミンゲス、ジョルジ・ワグネルにボールを落とし、そこからグっと圧力ある攻撃が始まる柏に対し、そういう形を作らせていないうちは、ピンチもほとんどなかった。 けど、ジョルジワグネルの前に一瞬シュートコースが広がるとあっさり先制を許す。 こういう、止めきれない相手に対し、いい形を初めから作らせないこと。 J2にはない、J1ならではの戦い。

さらにPKで2点先行を許す。 森重が競り合いで相手を弾き飛ばしてしまった。 あんなに飛ばされるなんて、北嶋がちゃんと競っていたのかとも思うけど、森重も、わざわざあそこまで強く当たる必要なかった。

後半途中から、ツートップへ。 千真も動きにキレがあり、もっといい形でボールを預けたいと思った。

そして、左からのクロスにアーリアが絡み、GKと競り合いながらゴール。 この時間帯、柏が明らかに集中力を欠き、間延びしていた。 そんな相手に対し、早く前に出したことで決定機が生まれた。

さらに羽生の決定機。 相手マークを外し、人知れずチャンスに絡むのが上手い。 このあたりは、ボールを持ってなんぼのナオや河野とは全然違う。 それぞれタイプは全く違うけど、変化を付けられるバリエーション。 今後楽しみだ。

全体として、戦える自信は付いた。 他方、押していても決めきれない、内容が良くても勝ちきれない可能性も当然ある。

ワクワクハラハラドキドキ。 幸せなシーズンイン。

そして、ブリスベンへ行ってきます!

|

« 2012年新体制、そして新たなトーキョーへの期待 | トップページ | ファンサカ Week 2 »

FC東京2012」カテゴリの記事

J1」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/54138241

この記事へのトラックバック一覧です: J1 Prologue Fuji Xerox Super Cup 柏vsFC東京 3月3日(土):

« 2012年新体制、そして新たなトーキョーへの期待 | トップページ | ファンサカ Week 2 »