« スタメン注目 ナビスコ杯 仙台vsFC東京 2014年4月2日(水) TV観戦 | トップページ | 善戦の持つ意味 広島vsFC東京 2014年4月12日(土) »

2014年4月12日 (土)

ホームリーグ戦初勝利! FC東京vs鳥栖 2014年4月6日(日)

飲み会や会食続きだったため広島行き直前になってしまったが、魂観ながら短く更新。

リーグ戦ホーム初勝利は、なんと言っても3年ぶりの平山先発。 しかもツートップというより、前エドゥーの後方トップ下の位置。 安定した頼りになるプレーでナオの得点量産を引き出し、代表でもハットトリックを決めた2009年後半~2010年頃のポジションと同じ。 ボールの落下地点で競るのがやや早くファウルを取られやすい平山にとって、このポジションの方がCBのプレッシャーが緩いし、前も向きやすい。 競る相手がボランチならだいたい勝てる、ということで、平山の良さが引き出され、弱点が隠れやすいと思っている。 相手セットプレーで、ニアのボールを弾き返す平山も好き。 好不調が激しく、好調が長く続かないことが多いけど、今シーズンずっと調子を維持してくれれば。

そして、さらにジワジワくる吉本の活躍。 代表様のトヨグバと競って跳ね返し続けた。 大きなミスも見られず、安心感ではレギュラーとそん色ないだろう。 時間が経っても活躍できるので、チーム、選手。サポも、必ずしも焦らなくてもいいのかもしれない。 個人的に、ユースの選手の顔と名前が一致していた頃の代ということもあり、さらにとても嬉しい。

鳥栖は後方からのロングボールやサイドからの攻撃が中心で、東京のインサイドハーフもサイドや後方のケアで忙しく、サイドバックが上がる機会も少なかった。 けど、得点シーンではヨネの前への推進力ある運びから、東の、GKは飛び出せず、後ずさりするDFも触れず、東京の選手には複数の選択肢を与えるセンスを感じさせるセンタリングから、最後はオフサイドだったけど先制。 セットプレーから追加点も取れて良かった。

連勝の勢いで調子・地力を上げ、上位陣にくっついていきたい。

さて、広島行ってきます!

|

« スタメン注目 ナビスコ杯 仙台vsFC東京 2014年4月2日(水) TV観戦 | トップページ | 善戦の持つ意味 広島vsFC東京 2014年4月12日(土) »

FC東京」カテゴリの記事

J1」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/59454405

この記事へのトラックバック一覧です: ホームリーグ戦初勝利! FC東京vs鳥栖 2014年4月6日(日):

« スタメン注目 ナビスコ杯 仙台vsFC東京 2014年4月2日(水) TV観戦 | トップページ | 善戦の持つ意味 広島vsFC東京 2014年4月12日(土) »