« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の6件の記事

2014年4月28日 (月)

実際に守り切るのは凄いこと 横浜F・マリノスvsFC東京 2014年4月26日(土)

公式戦2連勝の上昇基調で臨んだAWAYマリノス戦。 一昨年は最悪な内容で敗れ、昨年も打ち合いの末に敗れたけど、今年はどうか。

序盤、千真のプレスからボールを奪い、フリーの平山がシュート! ボールを受けた位置がゴール正面だったため、シュートに角度を付けることができなかったけど、威力は十分でキーパーはキャッチできず跳ね返すのみ。 その跳ね返りに反応した東が詰めて先制!

登録はタマがFWで東がMFだったけど、蓋を開けてみたら東がトップ下だった。 彼のスペースを感じ、流れを読む能力が活きた。 また、千真のプレスもよかった。 セレッソ戦2点目を生んだよっちと言い、高い位置での粘りは決定機を生む。

その後、平山のゴールがオフサイドの誤審で取り消されたり、タマの切れ味鋭いエグりからマイナスの折り返しに合わせた千真のシュートがバーを超えたり、チャンスはあるものの1点差で前半終了。

後半、ツートップにした横浜は、俊輔がフリーマン的に下がり目の位置で攻撃全体の起点としてボールを散らし、ここまで支配されるのは久しぶりというくらい支配された。 けど、俊輔自身がバイタルに侵入することは少なく、下平や奈良輪がクロスを上げる分には特に危険を感じることもなく、1点差のまま勝利。

理想を言えばカウンターの質の改善で、エドゥーに収まっても、なかなかよっちに繋がらない。 平山や千真、河野も含め、前線どうしの意図が刷り合っていけば、こういう展開でもより効果的なカウンターを繰り出せるようになると思う。
ムービング? 必要ならばいくらでもムービングでもポゼッションでもすればいい。 それができるだけの人材も経験もある。

フットボールかアンチフットボールか、ムービングかノンムービングかは本質ではなく、大事なのは課題設定力と遂行力。 1点のリードを守りきるというミッションを定め、それをやりきるという結果。 選手のコメントから守備の準備をしてきたことが分かるし、吉本という存在も相手を跳ね返すのに完璧にハマった。

今後も、ここの部分で監督のみならず選手に大きな誤りやブレがない限り、安定したシーズンになると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

リアリズムと自立 FC東京vsC大阪 2014年4月20日(土)

相手として対戦してみると、ポポのサッカーってこんな感じだったよな、と思う。

フォルラン、柿谷のツートップに、南野、健勇という二列目という、机上の強力メンバーを並べ、理想の形を目指す。 「最大物量」を最大限長い時間使うというのは、算術的には正しい考え方ではあるので、一概には否定は出来ない。 ただ、それが手詰まりとなると、切るカードがなく、打開の術を無くしてしまい、空回りを続けることになってしまう。 何より、先発メンバー以外をスポイルしてしまう。 内容の割に勝ち点が積み上がらない。 東京でもよく見られたこと。

セレッソは良いサッカーはしていたけど、こちらが我慢強くミスをしなければ凌ぎ切れると思えるような、怖さがあまりないサッカーだった。 そして、時間の経過と共ににトーンダウンし、交代は遅かった。 東京でもよく見られたこと。

それに対し、東京は粘り強いサッカーが出来ていたと思う。 それは、流れを無視しがちなポポビッチサッカーとは対照的な試合に臨む姿勢という意味もあるけど、それ以上に、中盤3人の慣れ、バランスの向上が大きいと思う。 ヨネ、東のプレスのかけ方、SBなどとの相手の挟み方が向上していた。 秀人が狙い澄ましてボールを奪い、その勢いのまま相手中盤の裏を突くシーンが何度か見られた。 エルゴラによると、マッシモが率いたセリエAの映像やトリプルボランチの成功例ミランのガットゥーゾやセードルフのなどを研究したらしい。 クラシコの大敗後、「もっと海外国内リーグ問わず試合見て感覚養え!なんて冗談みたいな対策しか思いつかん。」と、半ばやけっぱちでつぶやいたけど、実際にやって、成果を挙げているのは嬉しい。 このポジションは羽生もナビスコでいいプレーをしているし、タマもいるから、切磋琢磨しているのが感じられる。

先制シーンはこうすけの切れ味も、平山の相手DFの背後から顔を出す動きも決定的だった。 必然の1点。 さらに、よっちの粘り強いキープ、タマを経由して、飛び出した秀人の判断もヒールパスも痺れた。 受けたよっちも相手に寄せられつつ、ギリギリまで我慢して冷静にGKの股を抜いた。 縦に速い強烈な1点。

今の東京にとって、ポポからマッシモへの交代に現れているリアリズムへの転換は望ましいこと。 ただ、忘れてはいけないのは、さらにその底に流れる「自立」というテーマ。 仮に監督が誰であれ、実際にピッチで試合をするのは選手であり、自立は追及し続けるべきテーマだと思う。 4万人入った試合で勝てたのは、一皮むけたと考えたいし、選手たちも浮かれてないようなのはよい。 サポも、マッシモの繰り出す戦術に過度に期待して一喜一憂するより、適度な距離感で楽しむのがいいじゃないかなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

強い勝ち方! ナビスコ杯 神戸vsFC東京 2014年4月16日(水)

タイトルに"!"を付けた。 個人的に最近の東京では一番の、他クラブや他カテゴリ、海外を入れてもなかなかの勝ちっぷりだと思ったので。

むろん、PJのシュートを塩田がスーパーセーブで防がなかったら試合は分からなかったし、点差ほどの差はなかったかもしれない。 けど、だからこそ、相手のミスから着実に先制、加点し、終盤のオープンな時間帯にも複雑なことはせず、迷わず、イメージどおりのシュートで駄目を押して、点差を付けて勝つということの価値が際立つ。

先制点は相手クリアを正面で拾ったよっちのシュートが相手に当たって入った記念すべき初ゴール。 けど、思い切って撃ったからこその必然だと言いたい。 その前のエドゥーの奪取からのキープもお金を払う価値のある超絶技術だった。

2点目のエドゥーのゴールは、ファーストトラップがすばらしかった。 少し横にずらすことで、キーパーが届かないコースに角度を付けたシュートを飛ばすことができた。 もしトラップが正面だったら、シュートもキーパーの正面になるし、角度を付けたら枠を外してしまう。 シンプルだけどとても大事な基本。

そして、何より平山のゴール。 ボールを奪って、ドリブル、シュートまで淀みなく、迷いなくやりきった。 あれを着実に入れるのが技術。 少しでも迷ったり止まってから撃ってたら、キーパーに防がれていたと思う。 また、仮に外れたとしても、あの時間帯で一番避けなければならない相手のカウンターを招かずに済むし、中途半端に終わるより諦めがついて切り替えられる。 要はリズムが続く。

3点とも起点は相手のミスだったけど、それだけプレスが機能していたこと。 前線のプレスはもちろん、羽生と東が効いていた。

この試合のようなゴール決めれば勝ち点は自然に積み上がる。 そうすると、今度は引いてくる相手もいるだろうけど、そういう場合はシンプルに放り込んだり、逆に相手が音を上げるまでしつこく繋ぎ続けるとか、戦い方の幅が広がればよい。 そうすれば、勢いだけでなく、善戦だけでもなく、強いチームになれる気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

善戦の持つ意味 広島vsFC東京 2014年4月12日(土)

形だけ見れば、2連覇中の競合相手にアウェイでほとんど形を作らせず、セットプレーからの1失点に泣いた善戦ということになるのだろうけど、そもそも上位下位の差が小さいリーグで、アウェイ広島戦は昇格以後2連勝中だったことを考えれば、善戦に希望を持つ気持ちもあるものの、残念な気持ちが勝ってしまう。

攻撃時に4-1-5になる相手に対し、守備時はアンカー秀人が下がる5バックになり、インサイドハーフはサイドを見るという守備は確かに効いたし、戦術面で他サポを含むネット界隈で好評で、私もそこには同意するけど、攻撃をどうするのかという部分が、特に選手から見えず、ちょっと残念だった。

今からして思えば、相手に合わせるより自分達のサッカーをするポポビッチでは例外的に広島戦と浦和戦でミラーをしていた。選手起用も主力優先で固定的だったけど、広島戦に限らず他の試合でも、自滅やグダグダの試合は多かったけど、そもそもの力の差をはっきり感じる試合は少なかった。にもかかわらず勝ち点が伸びなかったから切られたのだが。

今年は、より良い意味で柔軟な起用となった分、副作用として、広島戦では基本技術や経験の差をとても感じた。

土曜日の善戦は、マッシモの有能さがはっきりした反面、選手がそれをやりきるだけでなく+アルファもしないと、今年はずっとこんな感じじゃないかと思ってしまう。

そういうところへの起爆剤、引き締めとしてカクの獲得には期待したい。

iPodから送信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

ホームリーグ戦初勝利! FC東京vs鳥栖 2014年4月6日(日)

飲み会や会食続きだったため広島行き直前になってしまったが、魂観ながら短く更新。

リーグ戦ホーム初勝利は、なんと言っても3年ぶりの平山先発。 しかもツートップというより、前エドゥーの後方トップ下の位置。 安定した頼りになるプレーでナオの得点量産を引き出し、代表でもハットトリックを決めた2009年後半~2010年頃のポジションと同じ。 ボールの落下地点で競るのがやや早くファウルを取られやすい平山にとって、このポジションの方がCBのプレッシャーが緩いし、前も向きやすい。 競る相手がボランチならだいたい勝てる、ということで、平山の良さが引き出され、弱点が隠れやすいと思っている。 相手セットプレーで、ニアのボールを弾き返す平山も好き。 好不調が激しく、好調が長く続かないことが多いけど、今シーズンずっと調子を維持してくれれば。

そして、さらにジワジワくる吉本の活躍。 代表様のトヨグバと競って跳ね返し続けた。 大きなミスも見られず、安心感ではレギュラーとそん色ないだろう。 時間が経っても活躍できるので、チーム、選手。サポも、必ずしも焦らなくてもいいのかもしれない。 個人的に、ユースの選手の顔と名前が一致していた頃の代ということもあり、さらにとても嬉しい。

鳥栖は後方からのロングボールやサイドからの攻撃が中心で、東京のインサイドハーフもサイドや後方のケアで忙しく、サイドバックが上がる機会も少なかった。 けど、得点シーンではヨネの前への推進力ある運びから、東の、GKは飛び出せず、後ずさりするDFも触れず、東京の選手には複数の選択肢を与えるセンスを感じさせるセンタリングから、最後はオフサイドだったけど先制。 セットプレーから追加点も取れて良かった。

連勝の勢いで調子・地力を上げ、上位陣にくっついていきたい。

さて、広島行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

スタメン注目 ナビスコ杯 仙台vsFC東京 2014年4月2日(水) TV観戦

いやがうえにも興味を惹く10人入れ替えた新鮮なメンバー。 急いで帰宅してTV観戦。 (ノリオも楽しみだったり。) 覚えていることを中心に短く。

アンカーの幸野は、四次元的感覚を持っているというか、数秒後の周りの位置取りを見通しているかのようなボールの持ち方、動き方、パスの出し方で、現代的なセンスを漂わせていた。 ただ、この試合ではパスを置きにいく感じというか、弱くて、味方に届く前に相手に追いつかれてしまうことが多かった。 ポジションがトップだった昨年のJ2長崎とは勝手が違うのだろうか。 最先端という意味では、速さも大事。

ボール運びは悪くないのだが、遅く、エリアに向かう回数も、決定機も少なかった前半。 米本や河野の投入で多少推進力を得た後半。 途中からはアンカーが東に。 対人では不安はあるものの、危なくなりそうなスペースをよく見えているという意味では向いているかもしれないと思った。 明日のアンカーは、魂予想では東、トーチュウ予想では野沢。 秀人を含め、どうなるか。

新監督の元で苦労しているどうしの試合。 当たり勝ったり、粘り勝ったり、ハードワークが武器のチームがパスサッカーに転換するのは、メンバー構成をそっち方向に揃えることを含め、極めて難しい。 (転換したらしたで、それ一辺倒になるきらいもある。) ということで、予想ではかなり下位に置いた仙台。

そんな仙台にCKから先制を許すも、交代で入ったエドゥーのPKで同点。 最後バテバテの相手を仕留められず、逆にカウンターのピンチに塩田のおかげでなんとか勝ち点1を確保できた試合だった。

それでも、「生もの」の選手にとって実戦を経験できたことは、(それが勝ち取ったものであれ与えられたものであれ)何事にも代えがたいこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »